エコバッグ、買い物袋にイラストやロゴ、文字などオリジナルデザインのプリントを承ります。
黒1色刷りなどシンプルなデザインのプリントがおすすめです。

このマークがある写真・画像にはリンクがございます。
写真や、文字サイズなど詳細を記載したページに進みます。

マルシェバッグに印刷

コットンマルシェバッグに印刷
写真/コットンマルシェバッグへの印刷

380×360mmサイズの大きなコットンマルシェバッグへの印刷。
無地でも十分にかわいいバッグですが、社名、お店の名前、営業時間等入れれば
お店のアピールにもつながりそうです。

マルシェバッグに名入れ
写真/印刷部拡大

薄手のコットンバッグに印刷

薄手のコットンバッグに印刷
写真/コットンバッグ

210×330mmサイズの薄いコットンバッグです。
半永久的に使用できるような丈夫な質感ではないのですが、薬をいれたりといったことはできそうです。

薄手のバッグに印刷
写真/印刷部拡大
エコバッグに青、白、黒で印刷

写真/A4サイズのエコバッグに印刷

エコバッグやトートバッグにプリントいたします。

お店用、病院の通院用、はたまた個人ブランドをお作りになられている方、
現在使っていたり、これからエコバッグ導入しようかなとお考えの場合など、 プリントのことならぜひお問い合わせ下さい。

レジ袋有料化もございます、今までのビニール袋よりは最初金額かかってしまうとは思いますが、
繰り返し使用が可能となり、営業時間、電話番号、お店のロゴなど入れれば販促ツールとしても活躍すると思います。               

バッグを支給していただけば、印刷完了後納品いたします。

写真はA4サイズの綿と麻の混紡バッグに印刷しました。

A4サイズのエコバッグに白いインキで文字を印刷
写真/A4のバッグに白文字をプリント
エコバッグに白で文字を印刷
写真/印刷部拡大

複数色で印刷を行うことも可能です。

印刷方式上 白と黒など複数色を使った印刷の場合、

白の版(印刷用の型)、黒の版を作成する必要があり
印刷工程も 白印刷後に黒を印刷と増えますので金額も上がります。

レジ袋に変わる袋として使用する場合などは少々金額かかりすぎてしまうため
黒1色刷りをお勧めしております。

エコバッグ裏面に白と黒で印刷
写真/裏面
小さいエコバッグに白で文字を印刷
写真/文字部拡大写真

凸凹しているタイプの素材は
拡大写真を見ていただくとお分かりいただけるように、
印刷部分も生地と同じような質感で印刷されます。

ポリエステルバッグや、ナチュラル色以外のコットンバッグにも印刷承ります。

印刷に関する注意点

バッグのマチ部分や段差がある部分、
ポケットがある場合その上に印刷できません。
印刷を行ったとして滲みやカスレが発生します。

基本的には印刷面平らな部分に印刷が可能です。

印刷枚数に関して

弊社では1000枚を超えるようなロット数よりも
50枚、100枚、300枚ほどといった枚数での印刷を得意としております。
125枚といった枚数でも対応が可能です。

ロット数によっては一度での対応が不可の場合がございますので初回200枚ご依頼いただき
2か月後に50枚追加などもご検討いただければ幸いです。
その際印刷内容が同一(サイズ、デザイン)であれば印刷用の型(版)は追加の発注時にはかかりません。
セットアップ費を1500円程頂いております。セットアップ費+(印刷代×枚数)

袋のご用意に関して

袋の種類はたくさんありメール等でやり取りし弊社でご用意するよりもお客様が気に入られた袋を支給いただいたほうが
スムーズにやり取り進む場合が多く基本的は支給をお願いしております。

弊社宛にお送りいただければ印刷後 ご指定の納品先に発送いたします。
代引き等で弊社に到着してもお支払いふかとなりますので、事前に清算いただきますようお願いいたします。

ぴったりの枚数+予備分を 50枚-100枚につき1枚ご用意いただければ幸いです。
印刷予備分、印刷設定時に使用いたします。

・弊社でご用意の場合
袋にそこまで細かなこだわりなく、大体これくらいの大きさ、雰囲気、このページに載っているもので良いということであれば
弊社でのご用意も可能です。

枚数、印刷内容拝見し、その都度お見積もり書作成しております。

洗濯に関して


ドライクリーニングはできません。
水洗いに関しまして、 上に載せている写真のバッグは洗濯後乾燥させた後の写真です。 
綿(コットン)素材であれば水洗いを行って印刷部剥がれることはございません。

バッグの素材にも様々種類があり、 今まで印刷したことのない素材や
撥水加工等特殊な加工がされているポリエステルバッグの場合弊社でのインクも弾いてしまい
洗濯時剥がれる可能性がございますので、
ご注文確定前に、バッグ切れ端やバッグがあれば 実際にプリントし水洗いをして接着テストを行います。
使用期間が長くなれば経年劣化によるひび割れ等は発生します。

関連リンク

※写真をクリックすると詳細ページに進みます。


-トートバッグへの印刷に関して


    他のアパレル製品に関してはこちらをご覧ください

    ページトップスクロール