弊社での印刷は基本的にはデザインデータをメールなどで弊社に送っていただき そちら使用し印刷を行っております。
ただ、パソコンでデザインをしていないという場合や、手書きで書いた文字をそのまま印刷して表札を作りたいということもあると思います。                                
そういった場合に、手書きで文字を書いた紙(色紙なども対応しています。)をお預かりできれば そちらを元に弊社にてデータ化し印刷いたします。 
データ化することにより、縮小、拡大、位置を少しずらすといったこともでき、 様々な素材に印刷が可能となります。

※想定以上に精細な内容、薄い筆圧で書かれた内容など、
原稿内容、原稿の状態によっては 対応できない場合がございます。
ご依頼いただく前に必ずどのような内容かを拝見してからのご対応となります。

※原稿を携帯電話のカメラで撮影したものをメールで送っていただくなどして
ご依頼の前にどのような内容かを必ず拝見してからの対応が可能かどうかの判断をさせていただいております。

例えばこんな時に

・自分で手書きで書いたイラストを黒板に印刷してウェルカムボードを作りたい。
・名前部分のみ手書きの文字を使用して署名風にしたい                 
・半紙で筆で描いた文字を少し拡大、文字の位置を調整してステンレスに印刷して表札を作りたい
・ハンコの部分を1枚1枚押すのは大変なので印刷で再現したい。
・現在使用している社名ステッカーと同じものを作りたいがデータがない
など

原稿支給から印刷までの流れ

原稿は弊社宛にお送りいただく前に携帯電話のカメラ等で撮影した写真をメールに添付いただき
データ化が可能か判断してから郵送いただいております。
 
※複数色使用したデザイン、線の細いデザイン、内容が精細な場合は対応不可な場合があるため

手書き原稿を元に印刷した場合の流れ

手書きのイラスト原稿→データ化→印刷後の精度、流れを写真でご覧ください。

①原稿

編集できる箇所など

②データ変換後

データに変換後は縮小したり、拡大したり、不要な点、線などを消すこともできます。
原稿によっては(小さい文字など)、データ化後に拡大を行うと粗さが目立つ場合がございます。 
原稿より縮小する場合に粗さが発生することはほとんどの場合ございません。

印刷後

手書きで書いた原稿を黒板に印刷
写真/220×170mmの黒板に白で印刷
手書きで書いた原稿をMDFに黒で印刷
写真/220×170mmのMDFボードに黒で印刷
木に黒で印刷
写真/印刷部拡大

お預かりした原稿は黒で作成されていても印刷は白や赤等 色を変えて行うことも可能です。

文字原稿からデータ化→データ化→印刷後の精度、流れを写真でご覧ください。

太いボールペンで「サンプル」と書いた文字を元に、 布に印刷するまでの流れです。

①まずは原稿をお預かりし、弊社パソコン内に原稿を取り込み、データに変換します。

写真①/「サンプル」とボールペンで文字を書いた紙原稿


まずは紙にボールペンでサンプルと書かれた原稿をパソコン内に取り込み 印刷用のデータに変換します 。

実際筆で書いた色紙などを元に印刷してほしいという場合などにも、
文字はうまく書けたのだけど、 端に墨が垂れてしまいそれを消したいということもあるかとおもいます。

サンプルという文字の周りに 要らない点、線が見えるとおもいます。
データ変換時にそれらを除去することができます。

②データに変換し、不要な点や線も除去しました。

手書き原稿を元に印刷した場合の流れ
写真②/データ化後の写真


写真①の原稿からデータに変換した後の写真です。
写真①にあった不要な点、線も除去しました。

実際に作業中の場合この時点で、お客様にデータ化後の状態を
ご確認いただき、再現の具合をみていただき 問題無ければ印刷へと作業を進めていきます。

あまりにも細かい線や、薄い文字などはデータ化する際に再現されなかったり 
文字がゆがんだりしてしまって、汚くなってしまうことがあります。 
太いボールペン、マジックなど濃くかかれたもののほうが 元原稿に近く再現することができます。

③変換したデータを使用し版(型)を作成し、印刷へと進めていきます。

手書きで書いた原稿を元にエプロンの布に印刷
写真③/エプロンに使われる布に実際に印刷した後の写真


写真②のデータ化後は印刷用の版(型)を作成し 印刷いたします。

写真③が印刷後の写真となります。 黒の生地なので白で印刷を行いました。

ご依頼いただく際の注意点

濃淡の表現はできません。

弊社の印刷方式では濃淡の表現を再現することができません。

筆で書いたものなど灰色部分ができますが、 
弊社の印刷の場合、その部分が黒で統一されるか何も印刷されないということになります。  

さらにあまりに淡い色が多く含まれている原稿をデータ化すると 元のものとはだいぶ雰囲気が変わることがあります。 

データ化することによって可能なこと。

・文字の位置を変えたり、拡大、縮小
・不要な点、線、の削除
・位置を移動させるなど 編集が可能です。


データに変換してしまえば、多少の編集をすることが可能です。
文字の大きさを拡大したり、位置を変えたりといったこともできますので、
この字を使用したいのだが、やや左にずれているので真ん中に持ってきたい ということも可能になります。
              

不要な線や点、を除去することができます。

(太いボールペンで「サンプル」と書いた文字を元に、 布に印刷する場合の流れ)にも記載いたしましたが、
表札用に自分で書いた文字の横に軽く墨を垂らしてしまったという場合など
データ化後に除去可能です。

実際に原稿を携帯電話のカメラ等で撮っていただき メールしていただければ、
データに変換可能かどうか判断可能です。


実際、どのような原稿ならばデータ化できて問題なく印刷できるのかどうかと               
判断に迷うかと思います。

弊社でも実際に内容を拝見してみないと判断できないので
原稿の写真等をとりあえずお送りいただければ、
“この内容ですと、難易度が高すぎて精細にデータ化できかねます。” 
“この原稿であれば、データへの変換が可能です。”
などお答えさせていただき、場合によってはこのような形で原稿をお送りくださいなど
お伝えさせていただく場合もございます。

未完成の場合でもどのような原稿かがわかればイメージわきやすく殆どの場合で
データ化、印刷可、不可かなどお答えすることができます。

原稿のサイズ

A4サイズ、大きくてA3サイズほどまでの原稿をデータ化可能です。
それ以上大きい原稿は分割してデータ化し、その後1つのデザインとして繫げますので
精細な内容、イラストの場合など精度が落ちてしまいまう、対応が不可の場合がございます。

データ化後はPDF等で再現後のデータをご確認いただいております。

変換したデータは、色紙、ステンレス、 アクリル、Tシャツなど
様々な素材への印刷に使用が可能です。

色紙やステンレス、鏡などのプレートなどにも印刷いたしますので、
印刷をお考えの方はぜひ一度お問い合わせください。

お問い合わせ先は弊社ホームページ内の会社概要ページに
お問い合わせ電話番号、メールアドレス等記載しておりますので、
そちらの参照おねがいいたします。

不明な点、ご質問等はお問い合わせください。

ページトップスクロール