デザイン(データもしくは原稿)は基本的には支給をお願いしております。 
該当する番号の項目をご覧ください。

※データのことはよくわからないといった場合は、ひとまず完成データをお送りください。
完成していないが仮データ、レイアウトならばあるという場合もお送りいただければ幸いです。
お客様に設定いただく点などがある場合や、いただいたデータでは印刷が不可の場合など 弊社からお伝えいたします。
その際は何度かメール等でやり取りをさせていただく場合がございますが、何卒宜しくお願い致します。

メール添付可能なデータサイズに関して

※3MBを超えるようなデータをメールに添付いただくとサイズが大きくなりすぎてしまいメール自体が届かない場合がございます。 
圧縮して容量を抑えていただくか(ZIPなど)、
クラウドストレージ(オンラインにデータをアップロード→発行されるリンクを弊社にご教示→弊社でダウンロード)を
ご利用いただけますと幸いです。

-クラウドストレージに関して←クリックすると移動します。

1.アドビイラストレーターと互換のある(.ai、.eps、psd ) データのご入稿


アドビイラストレーター(verCS5まで対応)と互換性のあるデータ(パス、ベクターデータ)をご入稿いただければ、
完成データをそのまま印刷用のデータとして使用いたします。

設定等がよくわからないという場合もひとまずご入稿いただき、
設定が必要な場合は「この部分の調整をお願いします」など、お伝えいたします。

可能でしたら下記御覧いただきご入稿いただいたほうが、よりスムーズにやり取りが進みます。

アクリル板や黒板を印刷といった場合に印刷位置の目安として使用いたしますので
板のサイズも描いていただきご入稿いただければ幸いです。
下記もご参考になれば幸いです。(どのようなやり方でも構いません。)

・ よくわからないという場合、完成データそのままお送りいただければ 弊社にて印刷用に調整いたします。
もしくは“ここをこのように設定し再入稿をお願いいたします。” とお伝えする場合もございます。
基本的にいただいたデータは弊社で開いた際のスクリーンショットを添付しご確認いただいております。

画像/素材のサイズをデザインに入れて作成した例

黒アクリル板(200×100mm)に白1色で印刷の場合


完成イメージ

入稿データの設定


A、B、C いずれの場合も印刷に使用が可能です。

A、B、C いずれかの状態でお送りいただければ幸いです。
印刷用の型を作成する関係で印刷部分必ずk100%に設定する必要がございます。
Aでご入稿いただいた場合は弊社でk100%に調整いたします。


透明素材に白で印刷の場合(透明アクリル板に白1色でウェルカムボード作成の場合など) も
A-Bと同じようにご入稿いただければ幸いです

白アクリル板(200×100mm)に赤と黒 計2色で印刷の場合

入稿データの設定

色同士が隣り合っている場合に薄い色を太く(大きく)設定し
その上に重ねるように印刷をいたします

太くせずに印刷した場合、どうしても隙間が空いてしまい下地の色が見えてしまいます。
下記のように設定いただく必要がございます。
特に紙に印刷の場合、紙に伸縮が起きますので必ず太く設定する必要がございます。

図/複数色ある場合の隣接する色の設定

K(黒)部分の設定値はすべて100%の設定をお願いいたします。
CMYを100%で黒を設定いただいている場合、印刷用の型(版)の設定がうまくいかず
そのまま印刷してしまいますと、 かすれたりといった違う内容のデザインで印刷が完成してしまいます。

×のままでは使用が不可となりますが、このまま到着しても弊社で確認もしており調整も可能です。
ただ、精細なデータの場合などに見落とし部分がお送りなりますのであらかじめ設定いただいたほうが確実です。

文字はアウトライン化をお願いいたします。(線のアウトライン化は不要です。)


イラストレータ―用のデータは
フォントや数字がアウトライン化されていないデータを開くと、
弊社のパソコンに入っていないフォントが使われている場合、 文字化けが起きてしまいます。
・文字、数字などアウトライン化したデータをお送りください。

写真/アウトライン化していない状態


文字を選択→右クリック→アウトラインの作成→アウトライン完了
(WIN版アドビイラストレータ―の場合)

写真/アウトライン後

※PSDデータ(フォトショップ)は文字が多少ギザギザします。

オンラインアップロード(クラウドストレージ)先 リンクの例

最大3MBほど までの添付データでしたら弊社に到着いたしますが、
それよりも大きいサイズのデータをメールに添付いただくと容量オーバーにより メール自体が届かないということが発生いたします。   
データを圧縮していただいてメールに添付いただくか、 オンライン上にデータや写真等ファイルをアップロードしていただき、
アップロード後発行されたリンクを弊社に教えていただくことで、  弊社にてダウンロードを行います。  大きなサイズのファイルのやり取りに向いています。  

こちらでは2つ程代表的なストレージサービスのリンクを記載しております。
                                 

※当社のサービス以外(外部のサ―ビス)のご利用となりますので注意事項をご確認の上ご使用くださいませ。

・firestorage

・Wetransfer(英語サイト)


2. PDF(ワード、エクセル、PAGE等で作成)を入稿


デザイン専用のソフトがなくとも、ワードやエクセル、パワーポイントデータを“名前を付けて保存”などの ファイル保存時に PDFとして保存、 
ご入稿いただけますと書体等、お客様の作成された状態で 印刷用データとして使用が可能な場合がございます。
データを拝見してから印刷用データとして使用可能かどうかの判断となりまが、お客様の作成いただいた書体やレイアウトをそのまま印刷データとして使用が可能です。 到着したデータを拝見し、印刷データとして使用可能な場合に弊社で開いた際のスクリーンショット確認用に返信いたします。
書体や配置等何か内容が変わってしまっていないかご確認いただいております。
  

※.jpeg .png.gif部分を.pdfに変更したデータは 中身が画像のままなので印刷用データとして使用不可となります。
文字は印刷データとして使用可能で、部分的に画像が貼り付けられているといった場合も、その部分だけ印刷不可となります。

PDFとして保存いただきご入稿いただいた場合で、印刷用データとして使用できたソフトの例

(いずれの場合もデータ拝見してから印刷用データとして使用可能かどうかの判断となります。)

・エクセル、ワード
・パワーポイント(PPTX)
・PAGES(パソコンから作成(ITUNES内))
・INK SPACE
・CAD 

上記以外にも使用可能な場合がございます。一度データ拝見できれば互換性確認いたします。

エクセル、ワード、PAGES等でデータを作成された場合、
データを保存の際に(ワードやエクセルの場合“名前を付けて保存”の際に)PDFとして保存いただきご入稿をお願い致します。

PDFデータを拝見してから、使用できるかどうか互換を確認し、お返事しておりますが、
いただいたデータのまま印刷データとして使用できる場合はデータ作業費はかかりません。

決定データを作成いただく前に仮レイアウトなど、試しに保存いただいたデータ拝見できれば
互換性を事前に確認しておくということも可能でございます。
(決定データご入稿後、このデータだと印刷データとしては使用不可という事態を避けるため)

ほとんどの場合で互換を確認しておりますが、
・特殊なフォントを使用されている場合で文字化けが起きてしまう場合、
・形式が変わってしまい印刷データとして使用できない場合
もございますので、その場合は書体名等を伺ってその部分だけ弊社で入力し直すといったことも対応しております。
指定のフォントで、弊社で所持していない場合は近似の書体での再現となります。

印刷データとして使用できる場合で、
・ワードやエクセル上などでどうしても行間の調整がうまくいかなかった、
個々の文字を少し大きく、中央や右に寄せたいといった
微調整はご教示いただければ弊社にて調整が可能です。

弊社での調整が少ないほど(いただいたデータに手を加えずに印刷用データとして使用できる)
データ作業費はかかりませんので、調整する箇所を拝見してから金額をお知らせいたします。


ワード、エクセルで作成時

画像/左エクセル 右ワードデータ制作中


※ワードデータ保存時の例

特殊な書体(フォント名)には文字化けしていしまう場合がありその旨お伝えし、可能であれば書体名ご教示頂ければ幸いです
※弊社で書体を所持していればその書体を弊社でも入力が可能なため。
※JPEG,PNGなど画像データとして保存されているデータを拡張子のみ(ファイル名.jpg←この部分をファイル名.pdfに変換)に変換した場合は、印刷用データとして使用ができません。
判断がつかないという場合はひとまずご入稿いただければ確認し対応可能かお知らせいたします。

入稿いただいたPDFデータを弊社にて印刷用データとして開いた状態

画像/左エクセル 右ワードデータを弊社にて中央に揃えた

文字を左に揃えたい、この文だけもう少し右にずらしたいといった微調整は弊社で可能です。



3.JPEG、PNGといった画像データの入稿


JPEG、PNG、TIFFといったデータは1枚の写真、画像としての扱いとなり、弊社の印刷方式上、印刷用データとしての使用不可となります。
弊社にて印刷用データに変換し精度に問題なければ、(元の画像によっては粗く変換されてしまう場合がございます。)
もしくはお客様にJPEGとしてデータを保存せずPDFデータとして 保存いただき(このページの2番の内奥です)互換性があれば印刷データとして使用可能でございます。
                                         

・JPEG、PNG、TIFFといった画像データをデータに変換する

画像データをデータに変換すれば、印刷データとして使用が可能となります。ご入稿いただいたJPEGやPNGデータを変換いたします。
精度高く変換できた場合は元の画像とほとんど変わらない精度で印刷可能でございます。
元の画像のサイズ、状態によっては形が崩れてしまったり、粗く変換されてしまう場合がございます。


特に文字データの場合に多少文字にシャープさがなくなってしまったり粗さが目立つ場合がございます。

画像を拝見データ化してみないと事前の判断が難しく、
変換後のスクリーンショットなどご確認いただき精度ご確認いただいてから印刷行っております。

・JPEG、PNG、TIFFといった形式でのファイルでなくPDFとして保存いただく

このページの2番の記載の通り、データ作成、保存時にPDFとして保存いただきご入稿いただければそのまま
印刷データとして使用が可能な場合がございます。

jpeg .png .tiffとして保存されているデータの拡張子部分(例 sample.jpegの.jpeg部分)のみ名前の変更にて.pdfに変換した場合も、
データ自体は画像データのままとなっているため印刷データとしては使用不可となります。 


※読んでもわからない点などは弊社まで直接ご連絡ください。


4.手書きの原稿、デザインをそのまま印刷したい


・パソコンで作成したデータではなく、直筆で書いたイラスト、 文字等をそのまま同じように印刷したいという場合


筆圧強く、濃く作成いただいた原稿を支給いただければ、 弊社にてパソコン内に取り込み、印刷用データに変換し印刷することも可能です。
印刷用データに変換することによって原稿と同じものを印刷することが可能になります。
データ変換後は、拡大、縮小、位置を変える、不要な点や線、文字の削除などの調整が可能となります。

事前に内容を拝見してからでないと対応可能がどうかの判断は不可となります。
サイズ等により対応不可の場合もございます。
※携帯電話のカメラ等で 撮影したものをメールで添付いただければ(どのような内容かわかれば)判断可能です。


↓こちらをクリックしてご覧ください

※読んでもわからない点などは弊社まで直接ご連絡ください。


5.印刷したい文章、原稿ならばある


・こんな文面、表札であれば苗字など、印刷をご希望の文言は決まっていて原稿はあるが、
パソコン等で作成したデータはない(書体や印刷位置も確定ではない)

アクリル板にステンレスに文字のみ印刷したい、特にレイアウトにそこまでデザイン性は求めないという場合
弊社で文字データ作成することも可能です。 


プロのデザイナーが作成するようなデザイン性に富んだ内容の制作は対応しておりません。

印刷したい文字、原稿内容、印刷する素材(アクリル板)のサイズをうかがって弊社で作成いたします。

また、だいたいこのようなイメージでレイアウトしてほしいという原稿がございましたら (素材に対して文字の位置はこの辺りといった内容) 
難易度にもよりますが、そちらを元にデータ作成することも可能なので ご連絡いただけますと幸いです。

イメージ原稿からデータ作成の例

フォントの例です。
こんな感じの書体が良いという場合などに指定いただければ幸いです。

ここに記載のないフォントに関してはお問い合わせいただければと思います。

画像/フォントの例

ご利用ガイド、各項目ごとのリンクがございます。

ページトップスクロール

ご利用ガイド(印刷用データ、デザイン入稿に関して)

シルクスクリーン印刷 有限会社大石孔版 /静岡県三島市
SILKSCREEN PRINTING OISHI KOHAN Co,.ltd
@OISHI-KOHAN All Right Reserved.