ご利用ガイド

有限会社大石孔版のホームページをご覧いただきありがとうございます。
ご利用ガイドといたしまして、お問い合わせから、注文、納品までの流れをまとめました。

材料をお預かりして、お客様ご希望のデザインを弊社で印刷しお返しする
というのが弊社の基本システムとなっております。


作業着、Tシャツ、ファイルなど印刷したい材料(素材)をお預かりいたします。
そこにお客様が印刷したいデザインを弊社で印刷しお返しする印刷専門店です。

材料支給いただける場合は直接持ち込んでいただくか、
全国どこからでも宅急便などで送っていただければ印刷し、返送いたします。

Tシャツ、紙、ステッカー、フラットファイル、アクリル板、黒板など、こちらでご用意できるものもあります。
その場合は弊社で材料用意、印刷し納品いたします。

法人、個人のお客様問わず印刷いたします。
ロットが何枚からという印刷部数に決まりはございません。

分からないことなどは、お問い合わせください。

お問合せから納品まで、
基本的な流れを図で記載しています。 

※もっと詳しく確認したいという場合、図の下に各項目ごとリンクがございます。

※各項目ごと全部チェックしている時間がないという場合などは、ひとまずお問合せいただければと思います。

まずはお問い合わせから

-お問い合わせのページ

各項目ごとのリンクがございます。

※◆の横の文字をクリックしていただくと各詳細項目に進みます。

※リピート品に関して


例えば2か月に1度同じ注文がでる、
といったようなリピート製品の印刷の場合、
初回と同じ印刷内容であれば版は保存してありますので、
材料が到着次第印刷します。

初回の印刷では、細かく確認を行う必要があり
メールのやり取り等、お時間お手数おかけしてしまうこともありますが、
リピート回数重ねるごとに
枚数や納期の確認だけして印刷→納品という状況になりますので、
少ない連絡のやりとりだけで、かなりスムーズに印刷対応が可能です。

印刷注文自体初めてだという場合でもお問い合わせください。

ホームページには大体の流れを記載しております①お問い合わせー⑨納品まで、 イマイチわからない場合でもお問い合わせいただければと思います。
すべて読んでいる時間がないという場合もひとまずお問い合わせください。

①お問い合わせ ②お見積もり

画像/お問い合わせから納品までの流れ(①お問い合わせ ②お見積り編)

①お問い合わせ

・写真や、イメージ図をメール等で添付いただければ、どのような内容を印刷を行うか判断がつきやすく 
少ない回数のやり取りで正確にお答えしやすくなります。

・弊社の印刷方式ではない方法のほうが良いと判断した場合はお伝えしますので、
シルク印刷で大丈夫なのかなあと判断に迷った場合もひとまずお問い合わせください。

・お問い合わせのメールフォームに沿ってご入力いただき、仮データや見本の写真等を添付いただくのが
最も早く回答が可能なお問い合わせになります。

-お問い合わせのページ(メールフォーム)

問い合わせの際、 何を伝えたらよいか?

たとえば、シルク印刷屋に問い合わせることが初めてだ。
何を伝えれば見積もりしてくれるのか?
この内容で見積もりだせるのか?
だいたいこの素材、こんな感じに印刷できるのか?
ということでお問い合わせを
ためらってしまう場合もあると思います。

お問い合わせの書き方に決まりなどはございませんが、
参考にしていただければ幸いです。

メール送信の際にコピーペーストしていただいて、
テンプレートとして 使用していただいてもかまいません。

送信先


大石孔版メールアドレス

oishi-kohan2@ny.thn.ne.jp

件名


シルク印刷について、シルク印刷見積もり依頼、Tシャツプリント依頼 など


※件名は印刷に関するキーワードを入れていただくと大変ありがたく思います。
迷惑メール扱いとされてしまう場合があるからです。

※件名の入っていない添付メールはスパム対策の為開きません。

添付


デザインデータ、PDF(イラストデータ)、 JPG、 手書きイラスト など

※添付のデータをいただければ、 印刷イメージがつかみやすく、
より正確なお見積もりやご回答ができます。

本文

品名      アクリル板にワンポイント印刷
素材      アクリル板
印刷サイズ   A3のアクリル板にH210mm×W150~130mmくらいの範囲で印刷依頼予定
色数      赤と黒の2色 赤がイラスト(赤はワンポイント30mm 黒が文字)
印刷枚数    50枚 半年に一回20枚ずつくらい追加がでるかも
材料      支給
デザインデータ 支給
納期      遅くても今月中に欲しい。
住所      東京都内 (配送料計算の為)
備考      裏刷りの予定はない


※上記は記入例です。これより少ない情報でもお見積もりはお出しできます。
もちろん上記以外にもたくさん情報を書いていただければ、とてもありがたいです。
多くの情報があれば、より正確なお見積もりが出すことができます。

※こちらから内容でもう少し確認が必要だと感じた場合、
ご質問させていただくことがございます。
お手数おかけしますがよろしくお願いいたします。

※こちらのお問い合わせページにはお問い合わせフォームもございます。

-お問い合わせのページ

②お見積り

・印刷内容を拝見後、お見積りを作成いたします。
金額が出ましたら、メール、ファックスにてご連絡いたします。

・印刷の内容、枚数、印刷範囲、印刷する素材によりすべて金額が変わってしまうため
お電話で大体の金額を教えて、という場合、実際に印刷内容を拝見した後で
大きく金額が変わる場合がほとんどでございます。
お手数おかけいたしますがメールフォーム等でお問い合わせ頂いたほうが確実でございます。


印刷のご依頼が正式に決定した場合

③印刷決定④お支払い⑤データ入稿⑥製版

画像/お問い合わせから納品までの流れ(③印刷決定から⑥製版編)

③印刷決定(正式に注文がきまったら)


正式に弊社で印刷ご依頼いただけることが決まりましたら、 再度その旨をご連絡ください。 
最初のお問い合わせの時点で印刷させていただくことが決定する場合もあります。

素材、枚数、色数等の確認をし 相互で行き違いがないようにいたします。

④お支払い

お支払いは前払いとなります。
ご入金が確認されてから製版、材料の手配など、作業を開始いたします。

弊社で印刷させていただくことが決定しましたら、弊社お振込先情報お伝えいたします。

-印刷にかかる費用について

⑤データ入稿

弊社ではAdobe illustrator CS5まで対応しております。(WINDOWS版)
互換性のあるデータを下記メールアドレスにご入稿ください。
クラウド上にアップロードいただければそちらからダウンロードすることも可能です。

メールアドレス oishi-kohan2@ny.thn.ne.jp

-データ入稿に関して詳しく

※データがなく、手書きの原稿ならある場合は濃い筆圧で書かれたものであれば そちらを元に 弊社で印刷用のデータに変換することができます。  
(原稿拝見して、薄すぎる、デザインが繊細すぎるといった場合は対応できない場合もあります)

-手書きの原稿を元にデータ作成について詳しく

※印刷したい内容はあるがデータ、
正式なデザインの原稿などは全くないという場合で、
文字や数字などをファイル、 札に印刷したいという問い合わせもございます。

その場合、どのような内容の印刷を希望かお伝えいただければ、 弊社で作成することもできます。
(文字だけ、数字だけなど指定書体のない簡単な場合のみの対応になります。※ゴシック体でお願い!などは承ります。)

⑥製版

印刷進めるというデータが決まりましたら製版作業開始します。

基本的には、印刷する素材が弊社に到着前にデータ入稿していただき、 版を準備しておきます。
材料が届き次第印刷していきます。


印刷から納品まで⑦印刷(リピート製品)⑧乾燥⑨納品

画像/お問い合わせから納品までの流れ(⑦印刷から⑨納品編)

⑦印刷

版が完成し、印刷する素材が準備できたら印刷開始です。

※リピート品に関して 例えば2か月に1度同じ注文がでる、
といったようなリピート製品の印刷の場合、 版は保存してありますので、材料が到着次第印刷します。

リピート回数重ねるごとに枚数や納期の確認だけして印刷→納品という状況になりますので、
かなりスムーズに少ない連絡のやりとりだけで印刷対応が可能です。

⑧乾燥

充分に乾燥します。 乾燥が足りないとインキが乾いておらず材料同士がくっついてしまうといたことも起きます。 
一見乾いているようでも、 重ねておいておくと印刷部分がくっつき剥がれていしまうといったことも発生しますので、 
特に枚数が多い場合、納期は余裕をもっていただけると確実です。

⑨納品

運送会社さんを使用して発送いたします。 静岡東部や近隣の場合直接お届けにあがることもございます。


ご用意(支給)いただくものに関して記載しております。

※弊社でご用意可能な材料に関して(アクリル板、ステンレスなど)記載がございます。


大石孔版は印刷専門店です。

印刷の材料は支給をお願いしているもの、弊社でご用意できるもの、がございます。
支給いただいた場合は弊社に到着後印刷し、完成次第納品いたします。

ステッカーやTシャツ、紙、ファイル、アクリルプレートなど
用意できるものもありますので、 これは用意できるのか?など
お問い合わせの際にご確認いただければとおもいます。

弊社で材料用意した場合は、前払いとなります。

支給していただく場合、色確認や試し刷りをするので、 できる限り予備分のご用意もお願い致します。
アクリル板(ウェルカムボード)など1点ものの場合、 予備分なくても印刷することが多いです。 


※特殊な形や色をしたものや取り寄せが 必要な場合は支給していただいたほうが
早く取引がスムーズなことがあります。

また、弊社で取り寄せられない場合もございます。

材料ご支給時のお送り先ご住所
〒411-0816 静岡県三島市梅名395-8
(有)大石孔版 宛 
TEL 055-977-4945

弊社に直接届くようにしていただいて構いません。
(その場合弊社に代引きで到着してもお支払いは致しかねます。事前にお支払いご完了のもののみお受け取りいたします。)

送り先住所
〒411-0816 静岡県三島市梅名395-8
有限会社 大石孔版宛

事前にお送りいただく旨をお伝えください。
※不審物等の誤開封等を避けるため


・印刷面平らな素材のみ印刷が可能です。
凹凸があるものなど印刷の設定ができない為対応が不可となります。
印刷箇所から離れた場所に凹凸があるのだけれども、(クリップボードの金具の様に)
という場合、印刷範囲を限定または材料と、印刷内容を拝見し判断させていただきます。

印刷面が平であっても四方に枠などが設置されている場合も印刷不可となります。
※取り外し可能な場合は外して印刷可能です。

組立品などは、印刷後に組立行うことをお勧めします。
詳しくはお尋ね下さい。 
基本的には何曜日の弊社着に設定していただいても 受け取り可能でございます。

時間は、可能であれば午前着に設定いただけますと幸いです。
指定が不可の場合は何時着でも構いません。

土日祝着の場合や営業時間8:30-18:30以外の弊社着の場合は
メール等でその旨をお伝えいただけます(可能であれば配送業者のお問い合わせ番号等も)と幸いです。
素材によっては事前に接着テストが必要な場合がございます。
お問い合わせの際に印刷する材料の素材をお教えいただき
接着テストが必要と判断した場合はこちらから
その旨をお伝えいたします。

素材名がわからない場合など、携帯電話等の写真を メール等でお送りいただければ、判断も可能です。
判断がつかない場合はその場合につきましても 接着テストをお願いする場合がございます。

接着しないということは、印刷した部分を触ると取れてしまう、
セロテープをつけてはがすとインキも剥がれる 爪でこすると簡単にはがれてしまう、
衣類で言うと洗濯すると印刷部分がはがれてしまうといったことです。
木目のある木や、変形サイズの物など
裏表ある素材などで、印刷面や向きにご希望がある場合
”こちらが印刷面” ”木のこっちが上になるように”など
付箋等メモを貼り付けていただけますと幸いです。

変形サイズのもので大体この辺りに印刷といったご希望がある場合も
印刷ご希望位置にデザインのコピー等貼り付けていただけますと、よりやり取りがスムーズになります。

メモ等ない場合や印刷位置の確認が必要と判断した場合や
印刷ご希望位置に傷などがありそのまま印刷すると滲みが発生する場合があると判断した場合、
確認のご連絡させていただく場合がございます。

※長方形、正方形のアクリル板等、ご指示いただかなくても
明らかに印刷位置間違えようがない場合などは
メモ等記載いただく必要はございません。

・材料に関して(弊社にてご用意する場合)

※下記に素材ごとに記載がございます。


ご希望の素材(白アクリル板、黒Tシャツなど)サイズ、枚数、厚み カラー等わかる情報は何でもお伝えください。

下記にご用意できる素材の例と、お問い合わせ時にお伝えいただきたいことを 記載しております。
指定のものをご用意できない場合で、近いものをご用意できる場合は、 そちらをご提案いたします。

お問い合わせを拝見し弊社でご用意できないと判断した場合は、 その旨をお伝えいたします。

下記に記載の素材でも、内容、枚数などによってはご用意できない場合がございます。
記載がない場合でもご用意可能な場合がございます。

※弊社でご用意可能な素材、
お問い合わせ時(お見積り依頼時)にお伝えいただきたいこと

色、サイズ 縦×横 厚み 枚数、加工の指定が可能です。
内容をお知らせください。(上記以外の情報もございましたらご記載ください)
※例 透明アクリル板 210mm×297mm 2mm厚 5枚
※加工内容例 四隅 計四つ 10mm×10mmのところに直径3mmの穴開け希望
内容を図面(データ、手書きで作成したものを携帯のカメラで撮ったものなど)で添付いただいても確認が可能です。 
対応できない加工、厚みなどの場合は近似の物をご提案させていただく場合がございます。
素材、サイズ、色、枚数をお知らせください
※例 綿の半袖Tシャツ ホワイト L20枚 ブラックM15枚

サイズ、枚数をお知らせください、黒の黒板か緑の黒板もサイズによってはご用意可能です。
(上記以外の情報もございましたらご記載ください)
※例 黒板(緑があれば緑で、なければ黒でもよし) 300mm×450mmサイズ 2枚
※例 黒板 600×900mm 1枚

ファイルの素材、サイズ、冊数、色をお知らせください。
(上記以外の情報もございましたらご記載ください)
※例 A4紙フラットファイル 200冊 (緑希望 なければピンク)など
※例 PPフラットファイル 100冊 (青希望 なければグレー)など

ステンレスの種類(鏡面orヘアラインステンレス)、サイズ、厚み、枚数
※例 ヘアラインステンレス 300mm×450mm 1mm厚 10枚 四方角丸3mm
※例 鏡面ステンレス 200mm×500mm 1.5mm厚 1枚 

木の種類(桧、シナ 、明るめの木、暗めの木など)、サイズ、厚み、枚数
※例 桧 100mm×200mm 10mm厚 1枚
※例 明るめの木 A4ほど 厚み2mmくらい(薄いほうがよい)1枚

※木材の加工は承っておりません。

  • 目次に戻る
  • ・デザインに関して


    ・デザイン ・デザインデータを入稿または、 手書きデザイン等を支給していただきます。

    基本的には弊社でデザインの作成はしておりません。

    -ご利用ガイド(データ入稿に関してより詳しく)

    ・ファイルに文字を印刷したい、
    番号札の数字のみのという簡単なデータ作成でしたら
    弊社でも作成が可能な場合がございますので、ご相談ください。
    (デザイン製作費が別途かかります。)


  • 目次に戻る
  • ・色見本(色チップ等)に関して


    白や黒や赤などの色や、データの画面上で設定されている色に近ければよいといった場合であれば
    必要ございません。

    特色等の指定で、色見本帳の番号指定がある場合は
    DIC、PANTONEの場合であればカラー番号を、 その他の見本帳の場合や
    DICやPANTONEで 弊社に所有していないカラーチップは
    カラーチップをお送りいただければそちらの色に合わせて印刷いたします。

    ※DICやPANTONEでも、データやカラー番号を拝見し弊社で所有していない場合はその旨をお伝えいたします。

    カラーチップがないけれど、見本となる色の紙の切れ端ならばある
    という場合でもそちらをお送りいただければ同じ色を作成して 印刷いたします。

    ※印刷する材料の色や質感によっては、
    指定いただいたぴったりの色で印刷しても 仕上がりの見え方が 多少変わる場合がございますので 近似値での印刷とさせていただいております。



    デザイン(データもしくは原稿)は基本的には支給をお願いしております。
    該当する番号の項目をご覧ください。


    1. アドビイラストレータ―と互換性のあるデータを(拡張子.ai.eps.psd.pdf等)入稿
      (※データ作成費等の金額はかかりません。)

    2. Microsoft OFFICE(エクセル、ワード)、PAGES等で作成されたデータを入稿
      (※印刷用データへの変換費かかる場合がございます。)

    3. 手書きの原稿(印刷希望の文面、ラフやイラスト等)はあるがパソコンで作成したデータはない
      (※データ作成費かかります。)

    4. JPEG、PNGの場合
      (※データ変換費がかかる場合がございます。)


    ※パソコン等で作成したデータ等がないという場合でも
    文字、数字、名前、罫線入力等のみなどのデータ作成(難易度によります。)であれば弊社でも可能です。
    その際はデータ作成費がかかります。(※3番をご覧くださいませ。)


    ※3MBを超えるようなデータをメールに添付いただくとサイズが大きくなりすぎてしまいメール自体が届かない場合がございます。
    圧縮していただくか、クラウドストレージ(オンラインにアップロードいただきそこから弊社でダウンロード)を
    ご利用いただけますと幸いです。

    -クラウドストレージに関して←クリックすると移動します。

    ※データのことはよくわからないといった場合は、ひとまず完成データをお送りください。
    完成していないが仮データ、レイアウトならばあるという場合もお送りいただければ幸いです。
    お客様に設定いただく点などがある場合や、いただいたデータでは印刷が不可の場合など 弊社からお伝えいたします。
    その際は何度かメール等でやり取りをさせていただく場合がございますが、何卒宜しくお願い致します。


    1.アドビイラストレータ―と互換性のあるデータを入稿


    イラストレーターと互換性のあるデータであれば、
    完成データをご入稿いただければ、そのまま印刷用データとして使用いたします。 


    ※印刷用の設定のため少々触る点もございます。(内容を変えたりといったことは致しません。)
     
    ※入稿データとは別に可能であれば弊社で開いたときに内容がかわってしまっていないかの
    確認用に PDFやJPEGも一緒に添付いただけますと幸いです。


    K(黒)部分の設定値はすべてK100%の設定をお願いいたします。  
    弊社でデータ内容確認はしておりますが、 繊細なデザインなどでK100でなく、
    ところどころCMYが100%となっている箇所を 
    見逃しそのまま印刷した場合かすれたりといったことが起きます。  
    そのまま印刷してしまいますと、違う内容のデザインで印刷が完成してしまいます。

    アクリル板や黒板を印刷といった場合に印刷位置の目安として使用いたしますので
    板のサイズも描いていただき、そちらをご入稿いただければ幸いです。

    よくわからないという場合、完成データそのままお送りいただければ
    弊社にて印刷用に調整いたします。
    もしくは再度ここをこのように設定し再入稿をお願いいたします。
    とお伝えする場合もございます。

    ※イラストレーターCCで作成の場合、アートボード自体のサイズをアクリル板や黒板のサイズとして設定される場合
    互換性の関係で弊社で開いた際に四方がトンボ分6mm大きくなってしまうようです。
    内容自体に影響はないと今のところ確認はしておりますが、お手数おかけしてしまいますが図形ツール等で
    アクリル板や黒板といった材料部のサイズを作図していただけますと幸いです。
    そのような点を気づいた場合は弊社で開いた際のスクリーンショットを添付しご確認いただいております。


    印刷する素材(アクリル板など)の大きさを描いていただき(印刷時に位置合わせに使用いたします。)
    印刷する部分をK100%に設定いただけますと幸いです。

    K100%に設定されている場所のみ印刷いたします。

    ※CMY100%ではなくK100%でお願いいたします。


    多色刷りの場合は色を配色いただいた状態で入稿いただければ幸いです。

    K(黒)部分の設定値はすべてK100%の設定をお願いいたします。
    弊社でデータ内容確認はしておりますが、 繊細なデザインなどでところどころCMYが100%となっている箇所を 
    見逃しそのまま印刷した場合かすれたりといったことが起きます。
    そのまま印刷してしまいますと、違う内容のデザインで印刷が完成してしまいます。


    例えば白アクリル板A4サイズ(210×297mm)に印刷するとして
    下図右のようにアクリルのサイズの枠線も書いたままご入稿いただけますと幸いです。
    (印刷位置の確認にもなります。)


    ・決定データをお送りいただければ、複数色あるデータの場合、
    版ズレが起きないように色の重ね(トラッピング)設定を弊社で行います。

    トラッピングは、ポスターやステッカーなど、印刷色が複数ある場合に必要な設定です。
    トラッピングがされていないと、色と色の境目にずれが生じ隙間が空いてしまうため
    素材の色が出てしまいます。

    あらかじめ設定しておいていただければ、
    いただいたデータに弊社にて手を付けることなく出力いたします。

    下図②のように重なります(透かして重なりを見えやすくしてあります。)ので、
    ポスターなど目を凝らしてみると重なっているところがわかると思います。

    この設定をするという許可を念のためいただくことがあります。

    ・デザインによってはこの重なりがあからさまにわかるというのもシルク印刷の特徴です。

    全ての部数すべてプリンターのように寸分くるわずプリントできるわけではありませんが、
    そこがある意味アナログ的な要素も含まれていてよいかもしれません。

    版ずれが起きたほうが寧ろ良いということもあり好みですので、
    一概に良い悪いは判断できません。

    図/複数色ある場合の隣接する色の設定


    イラストレータ―用のデータは
    フォントや数字がアウトライン化されていないデータを開くと、
    弊社のパソコンに入っていないフォントが使われている場合、 文字化けが起きてしまいます。
    ・文字、数字などアウトライン化したデータをお送りください。

    写真/アウトライン化していない状態


    文字を選択→右クリック→アウトラインの作成→アウトライン完了
    (WIN版アドビイラストレータ―の場合)

    写真/アウトライン後

  • ページ上部に戻る
  • 2.オフィス(ワード、エクセル)、PAGES等で作成されたデータを入稿


    エクセルやワード等で作成いただいたデータをそのままご入稿いただく場合、
    弊社で使用のパソコン内にお客様と同じフォントを所有していない場合や、
    所有していたとしても弊社で開くと文字化けが発生してしまう場合がございますので
    可能であればPDFとしても保存いただき入稿いただけますと幸いです。
    ※ワードの場合、“名前を付けて保存”の際にPDFとして保存。

    PDFであればそのまま印刷データとして使用できる場合がございます。
    PDFと一緒に元のデータ(エクセル、ワードなど)も添付をお願いいたします。

    ご教示いただいたフォントを弊社で所有していない場合は、同じ文字での作成ができない為、
    近い雰囲気のフォントで作成させていただく、または 大変お手数おかけしてしまうのですが、
    濃い目の設定でプリントアウトしていただいた紙を 弊社宛に送っていただけますとそちらをスキャンしデータ化いたします。


    エクセル、ワード、PAGES等でデータを作成された場合、
    データを保存の際に(ワードやエクセルの場合の名前を付けて保存の際に)PDF形式で保存いただければ、
    書体等そのままの状態で印刷データとして使用できる場合がございます。

    その場合いただいたデータのまま印刷用に使用いたしますのでデータ作業費はかかりません。
    ただし、PDFで保存されていても作成のされ方によっては(※イラストの配置、文字の設定等。)
    印刷用データとして使用できない場合がございますので、
    PDFデータ拝見してから、印刷用データとして使用できるかどうか お返事させていただいております。

    印刷データとして使用できる場合で、文字列を右にそろえるなど弊社での調整が必要な場合は
    調整費をお願いする場合がございます。(データ拝見し金額を事前にお知らせいたします。

    ワードやエクセル上などでどうしても行間の調整がうまくいかなかった、個々の文字を少し大きくなど
    ご教示いただければ弊社にて調整が可能です。
    弊社での調整が少ないほど(いただいたデータに手を加えずに印刷用データとして使用できる)
    データ作業費はかかりませんので、データ伺ってから金額をお知らせいたします。


    ワード、エクセルで作成時

    画像/左エクセル 右ワードデータ制作中


    ※ワードデータ保存時の例



    その際に差し支えなければ、エクセルやワードなどで保存のデータも 一緒にお送りいただければ幸いです。
    ※PDFデータが使用できない場合に書体などを確認したいため。
    ※JPEGデータとして保存されているものをPDFに変換した場合は印刷用データとして使用ができません。
    判断がつかないという場合はひとまずご入稿いただければ確認いたします。

    弊社に印刷用データとして開いた状態

    画像/左エクセル 右ワードデータを弊社にて開き中央に揃えた

  • ページ上部に戻る
  • 3.手書きの原稿(ラフやイラスト等)はあるがパソコンで作成したデータはない


    ・こんな文面、表札であれば苗字など、印刷をご希望の文言は決まっていて原稿はあるが、データはない(書体や印刷位置も確定ではない)                                     

    原稿を郵送、メールでの添付(原稿をカメラで撮影したものでも構いません。)等で支給いただければ、
    そちらを元に、弊社にてデザインデータを作成することも可能です。

    ※必ず内容を拝見してから、対応が可能かどうかの判断となります。
    事前に内容を写真をメールに添付いただくなどして拝見させていただいております。
    指定書体での作成(弊社所持の場合は可)、イラストをゼロから作成等は行っておりません。  

    書体は弊社で所持していないものですと作成が不可となりますので
    ○○ゴシック体で、といった完全指定の書体は承っておりませんが、

    明朝体で、ゴシック体で、という大まかな書体の指定であれば対応いたしますので、
    ご指定いただければと思います。

    フォントの例です。
    フォント(書体)の形のことなどはよくわかないが
    こんな感じの書体が良いという場合などに指定いただけば幸いです。

    ここに記載のないフォントに関してはお問い合わせいただければと思います。

    画像/フォントの例

    ・パソコンで作成したデータではなく、直筆で書いたイラスト、
    文字等を原稿と同じように(書体など)印刷したいという場合、

    筆圧強く、濃く作成いただいた原稿を支給いただければ、
    そちらから弊社にて印刷用データに変換することも可能です。

    印刷用データに変換することによって原稿と同じものを印刷することが可能になります。

    事前に内容を拝見してからでないと対応可能がどうかの判断は不可となります。
    ※携帯電話のカメラ等で 撮影したものをメールで添付いただければ(どのような内容かわかれば)判断可能です。

    また、だいたいこんな感じでレイアウトしてほしいという原稿がございましたら
    難易度にもよりますが、そちらを元にデータ作成することも可能なので
    ご連絡いただけますと幸いです。
    より詳しく記載したページがございます。↓


    ↓こちらをクリックしてご覧ください

    ※読んでもわからない点などは弊社まで直接ご連絡ください。

    4.JPEG、PNGの場合


    JPEGは1枚の写真、画像としての扱いとなり、弊社の印刷方式上印刷用データとしての使用ができません。

    JPEGデータを弊社にて印刷用データに変換する、もしくはお客様にJPEGとしてデータを保存せずPDFデータとして
    保存いただく必要があります。

    ・弊社にて印刷用データに変換する場合
    ご入稿いただいたJPEGやPNGデータを印刷用のデータに変換いたします。
    文字などの場合、多少文字にシャープさがなくなってしまったり精度が落ちる場合がございますので
    特に文字データの場合注意が必要です。
    ※変換後のデータをご確認いただき精度等問題がなければそのまま印刷に使用いたします。

    ・お客様にPDFデータとして保存いただきそのデータをご入稿いただく
    2番(オフィス(ワード、エクセル)、PAGES等で作成されたデータを入稿)と同じ内容となりますが、
    作成いただいたデータをPDFとして保存いただければそのまま印刷用データとして使用できる場合がございます。
    ※JPEG、PNGデータの拡張子.jpg.pngを.pdfに変えただけの場合は印刷用のデータとして使用できません。

    ※読んでもわからない点などは弊社まで直接ご連絡ください。


    ※ホームページ内には印刷代など金額は載せておりません。

    印刷範囲、デザインの難易度、素材、色数によってインキを使い分けたり、 版の大きさを変えたりしています。
    例えば、A3サイズの板にA3サイズの印刷範囲と、 A3サイズの板にA4以下の印刷範囲で文字を1行印刷、印刷枚数など、すべて印刷金額は異なります。
    大変お手数をおかけいたしますが、 印刷内容をうかがってから金額をその都度算出しております。

    ※お電話など、その場で大体の金額を教えて!という場合、 デザインを拝見していない状態で算出するため、正確な金額ではございません。
    実際に印刷内容を拝見し、正確な金額をお知らせいたしますので、 お電話口でお伝えした金額と変わる場合がほとんどです。


    ※まずはお問い合わせのページからお問い合わせいただければ 幸いです。

    ・印刷にはかならず版(型)が必要となります。
    最初にデザインに沿って版を製作します。

    印刷物納品後、たとえば半年してから追加がでて同じ内容で印刷注文される場合、
    デザインに変更がなければ最初に作った版を使用しますので、版代はかかりません。

    版にも細かいデザインを印刷する用、なるべくインキが濃くなる用など設定があり、
    印刷する素材によって変えています。

    同じデザインであっても、印刷する素材、用途によっては版を新たに作る必要がある場合もございます。
    こちら印刷する素材を拝見してみないとお答えできません。
    例・ステッカー製作した版で、Tシャツには印刷できません。
    同じ版で無理やり印刷した場合は、仕上がり具合がご希望に添えないものとなります。


    ・デザインに変更があった場合、
    デザインが同じでもサイズをひとまわり大きくしたいなどの変更がある場合には 新たに版を製作する必要があります。
    ・印刷作業の金額となります。

    ・印刷枚数が多いほど一枚当たりの印刷単価は下がります。
    表札など、もちろん一枚からの印刷から受け付けております。

    暖簾一枚、表札一枚印刷というのはよくありますし、ご希望に添えると思います。
    それらにくらべて紙の袋一枚だけ印刷したい、 ステッカー1枚印刷となった場合でも
    版代、印刷代で数千円はかかってしまいます。
    印刷する内容によっては少ない枚数の印刷は
    割高に感じられてしまう場合がございます、ご注意ください。
    ・例えばポスター用の紙を用意した場合の紙代や、
    Tシャツを10枚印刷する場合の、無地のTシャツ10枚を弊社で用意した場合の金額です。

    支給いただく場合は、金額はかかりません。
    弊社でご用意する場合は前払いとなります。
    ・材料を梱包から出す作業、何百枚と取り出し印刷用に広げる作業
    ・印刷する前に前処理として材料の汚れを落とす作業
    ・印刷した後のカット作業 などです。
    ・各運送会社さんの配送料金です。
    サンプルを印刷する場合、
    ご希望のデザインで印刷する場合にも必ず版が必要になりますので 版製作代 調色代、印刷代がかかります。

    必要な費用例

    印刷に必要な費用の算出方法

    金額の算出目安

    色数ごとに、版を制作します。
    枚数が多いほど印刷の単価は下がる傾向にあります。
    ステッカーの場合印刷に保護用のラミネート加工又は透明のインクを印刷することがほとんどです。

    ※お支払いは前払いとなっております。

    -お支払いに関して

    ・材料(Tシャツやプレートなど印刷する素材)をお客様に支給していただく場合 
     
     材料が弊社に到着前後でお支払いいただければ幸いです。
     ご入金確認しましたら、印刷作業を開始とさせていただきます。

    ・材料を弊社にてご用意する場合(Tシャツ、プレートなど)              
     
     ご入金の確認がとれましたら、材料発注→印刷作業開始とさせていただきます。

    お問合わせ、お見積り後に、弊社での印刷が正式に決定いたしましたら、
    お振込み先情報をお伝えいたします。

    弊社でのお取り扱い銀行は

    ・静岡銀行
    ・ゆうちょ銀行


    でございます。

    ※申し訳ございません、クレジットカード払い、電子マネーは対応しておりません。

    現金、お振込みでの前払い、

    またはお品物をお渡しするときに、現金でのお支払いをお願いしております。

    現金でお支払いの際にお渡しいたします。

    お振込みの場合はご希望いただいたときのみの発行となりますので、
    その際は宛名、但し書きをご教示おねがいいたします。
    品物と同梱いたします。

    品物の納品先と伝票類の送付先が異なる場合は別送対応いたします。


    印刷を行う材料(プレートなど)を支給いただける場合


    印刷用の決定データが既に弊社にある状態で、印刷する 材料(プレートなど)が弊社に届いてから、 
    1週間から10日(営業日)ほどいただければ大抵の印刷物を納品しています。  

    印刷する部数、色数、印刷の難易度によって
    1週間以内に納品できる場合、 10日以上納期いただく場合がございます。  

    逆に、かならずしも1週間から10日いただかないと印刷を受けられないというわけではありません。 

    たとえば、ステンレス(お客様支給)に名前を1枚印刷といった場合、
    データが届いている状態であれば、事前に版(印刷用の型)を用意しておきますので、
    ステンレス到着後、即印刷、乾燥、翌日発送といったような
    2、3日の納期でも対応できる場合がございますので、
    指定の納期がある場合はお伝えください できる限り対応いたします。

    結婚式で使用したいウェルカムボードを作りたいのだが、 時間がとにかくないという場合など                               
    急ぎの場合もあきらめずにお問い合わせください。 

    ※内容をうかがってからの対応可能かどうかの判断となります。
    対応できない場合はお伝えいたします。  

    乾燥を充分にさせない状態で梱包、発送等を行うと、
    印刷物どおしがくっついてしまうといったことも起きます。 

    お問い合わせの際に印刷する内容をお聞きした上で、納期をお伝えすることもできます。 

    作業中に確認事項などが発生する場合もあり、
    その時間も見ていただき余裕をもって納期をみていただけるのが確実です。

    印刷を行う材料(プレートなど)を弊社にてご用意する場合


    ご注文から10-14日程見ていただけますと確実でございます。
    ※ものによってはそれ以上かかる場合もございます。
    内容をうかがってからお答えいたします。

    ただ、内容によっては支給いただける場合と同様に急ぎの対応も可能でございます。
    2-4日程で納品できる場合もございます。

    こちらはご依頼の内容をうかがってからの判断となりますので、
    お問い合わせいただけますと幸いです。

    弊社の印刷方式で印刷が可能なものと不可能なものを記載しました。
    どちらかわからないという場合、お手数おかけいたしますが、お問合せください。

    ・素材に接着するインキがあるもの

    過去には水と空気以外の物には印刷できるという触れ込みがあったほど、
    様々な素材に印刷が可能です。
    実際には素材の数が多岐にわたっており、接着しない素材もあります。                             

    ・印刷面が平らなもの

    弊社の印刷方式では、印刷面が平らなもののみに印刷が可能となります。
    印刷面の四方に枠がついていたり、印刷面にでっぱりがある場合は印刷が不可となります。
    枠やでっぱりを取り外して平らにできる場合、皺があるものでも伸ばせば平らになる場合など
    印刷が可能な場合もございます。

    これは印刷可能なのかどうか?と判断に迷った場合は印刷面の写真をお送りいただければ、
    判断が可能な場合もございます。

    ・接着するインキがないもの(シリコン、素材名がわからない場合など)

    ・写真などのフルカラープリント 

    ・印刷面が平らではないもの 
    ※凸凹しているもの、ほんの少しの曲面などほぼだいらな場合など対応できる場合もあります。 
    お問合せ、内容を拝見し判断させていただいております。  

    ・印刷内容等によっては、こちらの判断でお取引を一方的にお断りする場合がございます。

    ・著作権・商標権を侵害するもの(下記にも記載)

    ・食品衛生法に違反するもの(印刷部が口の中に入る恐れのあるもの)

    ・スクリーン印刷では素材に合わせてインキを選定するため、
    当社に在庫していないインク、 接着テストにて結果が芳しくないものについては印刷対応できません。 
    ※接着しない場合は手で触ったり、テープの付け剥がしでインキが簡単に剥がれます。 

    ・シリコン素材は弊社では印刷をお受けすることができません。

    ・ジャンパー、ブルゾンなどに撥水、防水加工がしてある場合などは、 
    正式な印刷注文いただく前にインキの接着テストをさせていただきます。 

    ジャンパーの1部の端のほうに目立たないように軽くインキをのせて、
    水で洗ってみたり爪で引っかいたりしてテストさせていただく場合がございます。 

    その結果、はがれてしまうようだと印刷対応ができないということになります。  

    ・平らな部分への印刷を基本としており、円形など局面、のもの等には印刷は対応しておりません。 
    ※USBなど若干の曲面のようなものには印刷できることがあります。 
    お問い合わせの際にお伝えください。  

    ・印刷面の四方などに枠などが設置してある場合、
    例えばホワイトボードの周りの縁金具などは 印刷時に版の設定ができないため、
    印刷ができない、または印刷範囲が限られる場合がございます。  

    ・段差がある部分を含めて印刷すると滲みます。 
    ※段差を含む、または段差の近くに印刷する場合、 滲むことを前提としてご了承いただいております。 
    ジャンバーなどやわらかい素材で表面は平らでも裏側に段差がある場合も同様です。

    印刷可能な物の形の目安

    下記に記載していない場合や、ご不明な場合は写真等をメールに添付いただければ判断が可能です。
    写真で判断難しい場合は実物の送付をお願いする場合がございます。

    下記で可能となっていても弊社の想定と異なる場合は対応不可となります。

    ・印刷可能

    印刷面平らな素材

    基本的には印刷面が平らなものであれば
    インクが接着すれば印刷可能です。

    厚みがあるもの

    厚みがあるものでも、印刷面がたいらであれば印刷は可能です。


    穴が開いているもの

    穴が開いているものにも印刷が可能です。

    ・印刷は可能ですが、了承いただく点があります。

    印刷部が穴にかかる場合

    付属品用のでっぱりなどが無いただ穴が開いているものであれば、穴にかかっても印刷は可能です。
    ただし、穴の中にインクが多少流れ込む恐れがあります。

    穴に印刷部が多少かかる場合

    穴の半分ほどに印刷がかかる場合は、多少印刷したところから穴に沿ってインクがふくらんで見えるように仕上がる場合がございます。

    板全体に印刷した場合

    できる限り側面に流れないようには印刷いたしますが、多少側面にインクが流れる場合があります。

    図は多少大げさに描いています。

    ・印刷可能な場合と不可の場合がございます。

    素材の状態を拝見し印刷可能かどうかの判断をいたします。
    メールに素材の写真を添付、または実際に素材をお送りいただいて
    判断させていただいております。
    ※写真で判断つかない場合、弊社宛に送付をお願いする場合がございます。

    枠部分など

    印刷面平らであれば、基本的には印刷可能ですが、枠部の細さや枠と印刷範囲等によっては対応できない場合がございます。

    印刷面が凸凹している

    多少の凸凹であれば印刷可能がございます。
    印刷可能でも、仕上がりが平らな素材に比べて滲み気味になったりする場合があるため、
    表面の写真や、実際に印刷面を拝見してからの印刷可、不可の判断となります。

    印刷面がざらざらしている。

    紙やすりのようなざらざら具合であれば、印刷はぎりぎり可能と想定しております。ただ、滲みやかすれ等が発生する場合があります。
    ざらざらの具合はさまざまで一概に判断できない為、写真や、実際に素材を拝見してからの判断となります。

    案内板の傘が付いている場合

    一番は傘が付いていないまっ平らな状態で印刷させていただきその後傘を付けていただいたほうが確実ですが、余白を十分に見ていただければ印刷することも可能です。事前に写真や印刷位置を拝見し判断させていただいております。

    2辺に枠がある

    2方向に枠や出っ張りがある場合は、
    余白があれば印刷可能な場合がございます。

    目安としまして70mm以上余白があれば、印刷が可能と想定しておりますが、印刷前に確認し判断させていただいております。
    70mm開いているから先に枠付けてしまおうと判断されずに、先に弊社にて印刷可能かどうか判断させていただけますと幸いです。 

    1辺に枠がある

    余白を見ていただければ基本的には印刷可能です。

    念のため事前に写真等で枠と印刷位置との位置関係を確認させていただければ幸いです。

                                                 







    ・印刷不可

    曲面に印刷

    弊社では印刷面平らな素材にのみ、印刷の対応を行っておりますので印刷はふかとなります。

    ※ほとんど平らだがほんのわずかに曲面がかっているという場合、対応が可能な場合がございますので
    素材(印刷箇所)の写真と印刷内容をメール等で拝見できれば判断いたします。

    球体に印刷

    印刷不可となります。










    四方に枠

    印刷の設定ができない為、印刷不可となります。

    ただし、1000mm×1000mmの枠付きプレートの中央に、50mm四方のワンポイント印刷をしたいという場合など、余白が十分に取れる場合は、印刷位置との兼ね合いによっては印刷が可能な場合がございますので、素材の写真と印刷内容を拝見できれば対応可、不可の判断をいたします。

    印刷面は平らだが、角度が付いている

    印刷面自体は平らですが内側に向かって斜めになっており印刷の設定ができない為、印刷不可となります。

    印刷面にでっぱり

    印刷の設定が不可のため印刷不可となります。

    フルカラープリント

    写真などを印刷したいという場合、弊社では対応が不可となります。

    弊社で印刷したことのない素材や、素材名がわからない場合は
    インクが接着するかどうかの判断がつかないため、
    接着テストをさせていただいております。

    素材自体は問題ない場合でも、その上に防水加工等が施されている場合は

    その上に印刷しても接着しない場合がございますので テストをさせていただいております。


    印刷予定の素材の切れ端等を弊社におくっていただければ、
    インクの試し刷りを行います。

    そこで接着しない場合は印刷不可となります。

    接着の確認のほかに、接着はするが印刷面が多少凸凹している場合などに文字等がしっかりと印刷できるかどうかの確認も行います。

    ※接着しない場合は印刷後の乾燥完了後、爪で印刷部こすると簡単に削れてしまったり、
    衣類であれば洗濯後にインクが剥がれてしまったり
    テープを付けたりはがしたりすると簡単にインクも剥がれてしまいます。


    接着テスト、サンプル印刷等金額が発生いたします。

    内容によっては、接着テストの対応ができない場合がございます。
    弊社で使用していないインクのテスト、
    弊社で取り扱いがない版の設定でのテストなどはお断りさせていただく場合がございます。

    商標登録されているロゴマーク等には、
    それらを登録した企業や団体等に著作権・商標権がございます。 

    お客様からご指定のロゴマーク等の制作の依頼があった場合に、 
    大石孔版はそれらが商標登録されているものかどうかを判別すること、 
    確認するといった事は出来ませんので、お客様自身での確認をお願い致します。  

    また商標登録などの法律で守られ権利が発生しているロゴやマーク等を扱う場合は、 
    事前に権利を所有する企業やメーカーにお客様自身で承諾を得なければなりません。 

    弊社にロゴやマーク等を使用した印刷の製作依頼があった場合は、
    権利の所有者から承諾を得たものと前提させて頂きます。 

    商標権や著作権についての問題が生じた場合、
    弊社では一切責任を負いませんので、予めご了承くださいませ。  

    ご依頼があった場合、どのような理由があったとしても一方的にお断りさせていただく場合がございます。


    ・印刷が可能な状態にしてお渡しします。

    ・当社では製版専門店ではありませんので、手作業で版を製作しております。
    膜の塗りにムラがみられるなど見栄えはきれいとは言えない仕上がりとなります。

    印刷には影響はありませんので、了承できる場合ご注文承ります。

    ・アルミ枠のみお持ちで、メッシュを張るところから作ってほしいという場合も承れます。
    一番荒くて70メッシュから細かくて280メッシュほどまでそろえております。

    アルミ枠を弊社に送っていただければ製版し返送いたします。
    何に印刷予定かによって設定が変わりますのでお伝えください。

    印刷する素材がかわっても同じ版を使用したいという場合もあるかもしれませんが、
    素材ごとにインクが変わるということと、素材ごとに版の目の粗さ(メッシュ)を変えているため

    同じ版をそのまま使用できない場合がございます。              

    例:Tシャツ用の版でステッカーは印刷できません。 使うインキの種類が違います。

    - 版について
    こちらのページにも記載しています。

    ご利用ガイド

    シルクスクリーン印刷 有限会社大石孔版 /静岡県三島市
    SILKSCREEN PRINTING OISHI KOHAN Co,.ltd
    @OISHI-KOHAN All Right Reserved.