お店のメニューボード、ウェルカムボード、ウェディングボードなど用途はさまざま。

固定しておきたいデザインを印刷いたします。

※デザインによっては印刷の対応できない場合がございます。

このマークがある写真・画像にはリンクがございます。
写真や、文字サイズなど詳細を記載したページに進みます。

脚付き黒板 小サイズの印刷

脚付きイーゼルタイプの黒板に白で文字やイラストを印刷
写真1/脚つきイーゼルタイプの黒板 小(印刷面の板の大きさ445mm×650mm)に白で印刷

脚がついているので立てかけられます。
黒板と脚が接着している黒板なので、台や固定用のイーゼルを用意しなくても独立して使用できますので持ち運びも簡単。

店舗の看板としても活躍しそうです。

脚付きブラックボードに看板として白で文字やイラストを店舗用に印刷
写真2/脚つき黒板(印刷面の板の大きさ445mm×650mm)に白で印刷

お店の外にメニュー表や、店舗の案内用看板として活躍する黒板。
結婚式などウェルカムボード、ウェディングボード用などとしても良いかもしれません。

用途は弊社で想定しているよりもたくさんあると思います。

雨に濡れても印刷したところが簡単に剥がれてしまうといったことはありません。

手書きのものだと、どうしても全体的に斜めに偏ってアンバランスになってしまう。 といった場合や
完全に固定しておきたいデザインは印刷して日替わりで書き換えたいところは空白でといった場合などにもとてもお勧めです。

※雨に濡れ→翌日直射日光に一日当たりっぱなしといったような使用を繰り返されますと 黒板は木製ということもあり、印刷部ともに劣化しやすくなります。

裏面は、チョークで日替わりに書いたり消したりするように
あえて空けて印刷するといったことも可能です。

足付き黒板に印刷
写真3/裏面に白で印刷

写真3は写真1のデザインの一部分をあえて印刷していないものです。

そうすることにより表は定番の情報を、裏面の空いたスペースには日替わりでかわる情報を
チョークで書いたり消したりといったような使用も可能です。

片面に印刷する場合と両面に印刷する場合では金額も変わります。

もちろん表、裏を別のデザインで印刷することも可能です。
その場合は表面用の版、裏面用の版、表面の印刷代、裏面の印刷代がかかります。

イーゼル黒板の両面に白でプリント
写真4/黒板を広げた、写真4のような状態にできないと印刷はできません。

脚付きタイプの黒板はたくさん種類がありますが、 板の四方に枠が設置してあるタイプのものと  
全体を広げられない黒板は印刷ができません。(写真4参照) 印刷面が平らなものに限られます。 
枠があると印刷用の設定ができないためです。

枠を外すことができ板がフラットの状態にできるものであれば印刷が可能です。
ビスなどを外せば平らにできるタイプの黒板にも印刷は可能です。                   

脚付き黒板 大サイズへの印刷

一回り縦に大きな脚付き黒板にも印刷いたします。

A型黒板に白でプリント
写真5/W450mm×H1080mmの黒板に印刷

両面とも同じ黒板ですが、こちらを表とすると
表と裏で印刷内容を変えています。

A型黒板に白で印刷
写真6/W450mm×H1080mmの黒板(反対側)に印刷

こちらを裏面とすると、点線を中央部に印刷しこちらにメニューを
日替わりでチョークで記載できるようにし、右下に駐車場はこちらのマークを印刷


写真の印刷内容はあくまでも見本です、この内容でしか印刷できないということではなく
オリジナルな内容の印刷を承ります。

写真5,6の黒板はW450mmサイズとして販売されておりますが、実寸が445mmです。
445-450mm 5mm程の誤差がある場合を想定いただければと思います。

脚付き黒板小、大に白で印刷
写真7/小黒板と大黒板
  • 目次に戻る
  • 黒板について


    支給していただいても、弊社にてご用意することもできます。
    ※ご希望の内容によっては支給をお願いする場合がございます。

    黒板は支給していただいてもかまいません。
    到着後印刷し、完成後返送させていただきます。

    気に入った大きさの黒板、黒板塗料を塗られた自作の黒板など
    弊社に送っていただいた黒板に印刷し、乾燥、完成次第返送いたします。
    ネット上のお店で購入されたものでしたら直接弊社宛に送っていただいてもかまいません。

    四方に枠が設置してあるものや、でっぱりなどあるものは印刷ができません。
    取り外しでき、平らな状態にできるものでしたら印刷可能です。

    スチールタイプ、特殊な塗料を塗布してある黒板の場合インクが接着しない場合がございます。
    その際は目立たない場所に接着テストなどを行いインクの接着を確認後の本刷りとなります。
    接着しない場合は印刷不可となり未刷りのまま返送となります。
    事前に油性マジック等で記載いただき簡単に剥がれるようでしたら弊社のインクも剥がれてしまう恐れがございます。
    目安としていただければ幸いです。
    このページの写真と同じものでしたら弊社でご用意することができます。

    小脚付き黒板(全体サイズ 約W450mm×H700mm、印刷面(※脚部分含まない)板サイズ(約450mm×650mm約2.8㎏)
    大脚付き黒板(全体サイズ 約W450×H1080mm、印刷面(※脚部分含まない)板サイズ(約450mm×900mm 約4.5㎏)で、
    弊社にてご用意が可能です。

    ※黒板のサイズはメーカー基準サイズがW450mmと表示されておりますが、
    このページの印刷した黒板の写真にあるように実寸が445mmと5mm程板によって
    誤差のある場合がございますので想定いただけますと幸いです。
    ※枚数によっては支給をお願いする場合がございます。
    ※大小ともに比較的軽い為、風で飛んでいくというほどではないのですが、倒れやすいです。
    屋外での設置を予定している場合は
    脚部におもり等をつけて固定いただくことを想定していただきたいです。

    ※印刷できない脚付き黒板

    ・印刷面に四方に枠がついているもの
    ・印刷面にでっぱりや飾りがついているもの
    ・全体を広げて平らにできないもの(写真4のように) ビス等外して平らにできれば印刷可能です。

  • 目次に戻る
  • 黒板の耐久性について

    せっかく購入した黒板、できるだけ長くご使用したいというのは当然のこと

    弊社にてこちらの黒板を営業日に外に設置し、 弊社ブログにて経過を報告しておりますので、
    少しでもご参考になれば幸いです。

    -弊社ブログ

    雨の日など、雨が板面に触れたまま放置されますと、
    黒板の表面は劣化しやすくなります。(ひび割れなど。)

    濡れた場合などは、からぶき等で拭っていただき、
    濡れたまま放置されないようにしていただけますと、
    長くご使用できるかと思います。

    デザインについて

    基本的にはデザインデータを支給していただいております。

    弊社は印刷専門なので 入稿いただいたデザインデータを印刷し納品、
    支給いただいた黒板であれば返送いたします。

    文字だけ印刷したいといった比較的簡単なデザインの場合は
    大体の配置、文字原稿をいただければそちらを元に 印刷用データを作成いたします。

    その場合デザイン作成費が別途かかります。

    ※入稿の形式イメージ(データ支給いただける場合)

    写真8/入稿データ設定イメージ


    イラストレーターと互換性のあるデータをご入稿いただける場合、
    写真8内 AかBのような形でご入稿いただけますと幸いです。

    AとBのように両方ならべてお送りいただいてもかまいません。
    Aを確認用として使用いたします。

    印刷用データはBのような状態で使用いたしますので、
    Aのように完成イメージと同じように配色いただいた状態で入稿いただいた場合は
    弊社にてBの様に変換して印刷へと進めてまいります。

    Bの様に支給いただいた場合は、データに触れることなくそのまま印刷データとして使用いたします。
    印刷する箇所をK100%に設定をお願いいたします。

    板面サイズの線(写真8内Bだと450×650の長方形)は印刷位置の目安(アタリ)として使用いたしますので、
    そのままご入稿いただけますと幸いです。※印刷はいたしません。

    ※B図内の赤い矢印←は印刷位置の目安として使用しますので板面サイズもそのまま残していただけますと幸いです。
    下の赤い矢印←K100%に設定いただいているところを印刷いたします。
    と記載しております。

    読んでもよくわからないという場合などは、 写真8のような完成イメージのような状態や作成した完成データ状態でご入稿いただければ幸いです。  確認が必要な場合、気づいた点などはこちらからご連絡いたします。

    フォントサイズ目安

    脚付き黒板に印刷

    どのくらいのフォントサイズでデータ作成すれば印刷可能かどうか わからないという場合、 
    10ptくらいまでの大きさのフォントならば印刷可能です。
    10ptを下回る場合、かすれや文字に潰れ等が発生する場合がございます。 
    小さいと歩きながら黒板の文字を読むには大変なので、
    ある程度の大きさは必要かと思いますが、 写真のPaper/~のフォントは48ptです。 
    下部にあるhttp://oishi-kohan.comは57ptです。 少しでもご参考になれば幸いです。
       

    印刷可能範囲目安

    板面の端から20mm程の余白を見ていただけますと幸いです。 
    端まで、印刷範囲が及ぶ場合、滲みが発生する場合がございます。

    ※一部分だけ印刷可能範囲から、はみ出してしまうといった場合、
    印刷内容を拝見してからの判断とさせていただきますが、
    印刷可能な場合がございますので印刷内容をメール等で添付をお願いいたします。。 

    大黒板

    小黒板

    金額に関して

    黒板の全体に印刷を行うか、
    ワンポイントのみ印刷を行うか、
    同じ内容を両面に印刷するか、違う内容を両面に印刷するか
    片面のみに印刷を行うかなど、何台印刷を行うかなど様々なパターンがあり、
    すべて金額が異なってきます。
    印刷内容をその都度拝見し金額を算出しております。

    お客様にはお手数をおかけしてしまうのですが、
    お問い合わせのページよりメールフォームやメールからお問い合わせいただけますと幸いです。
    その際に、仮データでも構いませんので、
    印刷内容を拝見できればより正確に金額を算出することが可能です。

    関連リンク

    ※画像をクリックするとリンク先に進みます。

    • 黒板の印刷について

      ウェルカムボードとしてなど紹介があります。

    • 様々なプレートの印刷関して

      アクリル板、表札などにも印刷承っております。

    • 木に印刷

      木材に直接印刷いたします。