文字やロゴを印刷いたします。表示板、案内板、会社の表札等様々な用途で使用できると思います。                              
印刷面が平らであれば印刷が可能です。

このマークがある写真・画像にはリンクがあります。
写真や、文字サイズなど詳細を記載したページに進みます。

ステンレスの印刷

ステンレス

銘板、記念プレート、表札として
素材に直接印刷することができます。

表札や、スポーツ大会の記念プレート、
サインプレートとしてなど、 様々な用途に
1点物として1枚からでも印刷承ります。

ヘアラインタイプ
鏡面タイプのステンレスにも印刷いたします。

ステンレスは弊社でご用意することも可能です。
(支給いただいてもかまいません。)
鏡面タイプ、ヘアライン、穴あけ加工、厚み等
ご連絡いただければそちらを用意した場合の金額を
お伝えいたします。

※サイズ、厚み、加工などによってはご用意できない場合がございます。

アルミ板の印刷について

アルミ板

直接文字を印刷することができます。
薄い厚みのものでも対応しています。

文字やロゴを印刷することが多いです。
印刷ならば、比較的小さいフォントサイズのものでも
対応することができます。

印刷後、高熱をかけてインキを硬化させます。

アルミ板は支給をお願いいたします。

金属板、金属塗装板に印刷


写真は上が白、青、赤の3色で印刷
下が黒一色で印刷しています。

写真のプレートは素材がわからない状態で印刷しましたので
金属板とさせていただいております。

金属塗装を施してある板に印刷することも可能です。

金属塗装を施してあるプレートはご支給をお願いいたします。

素材名がわからない、インクは接着するのかどうか不安という場合、もし端材等があれば試し刷りいたします。

もしくは板の写真等をメールで送っていただければ
そちらを拝見し印刷可能かどうかお答えすることもできます。

表札の印刷について

表札としての印刷


ステンレスやアルミ板に表札として印刷いたします。

会社用、自宅用など様々な用途に。
矢印など入れることも可能です。すでに板は所持しているから
印刷だけ頼みたいという場合も対応いたします。
文字数で金額が変わるわけではございません。

真鍮プレート、ボンデ鋼板といった素材にも印刷面が平らであれば印刷が可能です。
でっぱりなど凹凸がある場合印刷不可の場合や、印刷ができてもにじみやカスレが出てしまう場合がございます。

材料について

基本的にはご希望のサイズや厚みの素材を弊社に支給していただいて、 印刷後、お返しするというシステムをとっております。

ステンレスに関しては弊社にてご用意が可能です。
ヘアラインタイプ、鏡面タイプ。 角丸加工、穴あけ加工といった加工も可能です。

アルミ板、金属板など、印刷面平らな素材のみ対応が可能となります。
弊社宛に送っていただければ、 印刷後、返送いたします。

弊社では、曲面の素材には印刷対応しておりません。

また印刷面の端や四方にでっぱりや枠が設置されている場合、
印刷対応できない場合や印刷範囲が極端に狭まることがあります。
あらかじめ枠を外したり、印刷面をフラットの状態にお願いいたします。
※アルミ板は弊社ではご用意不可となります。

アルミかステンレスかどうか素材がわからないという場合にも印刷が可能ですが、
インクが接着しない場合は印刷不可となりますので、印刷前に試し刷り、接着テストを行う場合がございます。

インクが接着しない場合には爪やセロテープで印刷部をこすったりすると簡単に印刷がはがれてしまいます。

ステンレス板(ヘアライン0.8,1.0,1.2,2.0,3.0mm厚、鏡面1.0,2.0,3.0mm厚)は弊社でご用意することが可能です。

ご希望のサイズ(最小50×50mm 最大(要相談)、や厚み(ご用意できない厚みの場合は近似のものを提案いたします。)
枚数
穴あけ(穴の大きさ、穴の位置、数等)
角丸(角丸の大きさ)
ヘアラインの向き(横、縦)

などの加工の有無など詳しくご教示いただければ 弊社でご用意した場合の金額をお伝えいたします。

ご希望の加工内容、厚み等によっては 弊社ではご用意できない場合がございます。

枚数が多い場合なども、支給をお願いする場合がございます。

記念プレートなどとしてご注文いただけれることが多いです。

印刷用のデザインについて


基本的にゼロからのデザインを弊社では作成しておりませんので
データを支給していただいております。

-データ入稿に関して詳しく

表札で文字のみ作成をご希望される場合などは、
原稿、印刷内容の文字などをうかがって弊社での作成も可能です。
弊社で作成する場合は、
指定書体がない場合や 簡単な文字だけのデザインの場合となります。

実際の完成品や紙原稿からでも印刷用のデータを作成することができます。
表札などは、筆で書いた直筆の原稿から印刷用のデータに変換し 印刷することも可能です。

-手書きの原稿を元にデータ作成について詳しく

小さい文字なども印刷することができます。
10ptくらいまでの文字は印刷が可能です。
それ以下の場合書体によっては印刷可能な場合もございますので、 内容を拝見し判断させていただいております。  
※10pt以下の文字サイズ、0.25mm以下の線の太さはカスレやつぶれが発生する場合がございます。

板全体的に印刷するのか、板の下の方に1行だけ印刷のかなど
印刷範囲、色数等によって印刷代金は変わります。

弊社で印刷の特徴


板面に直接印刷をすることができます。

印刷用のデータにもとづいてまずは版(型)を制作します。

初回の注文の際には版代と印刷代の両方が必要となりますが、
同一内容で追加の印刷が出た場合、 同じ版を使用することができますので 版代はかかりません。

記念プレートなどは1点ものが多く、
それゆえ一枚当たりの印刷代金も版代と合わせると 高く感じられてしまわれがちですが、
直接素材に印刷できるというのと、
インキの質感でよいものが出来上がります。

また、プリント後に高熱をかけ印刷部分を硬化させますので 耐久性もあります。
※素材の表面に特殊な加工をされている場合はプリント対応できない場合があります。
お問い合わせ時にお伝えいただき印刷可能かどうか判断する必要がございます。               

印刷枚数が多いほど1枚当たりの金額も下がります。

黒で印刷した場合が一番耐久性がありますが、 白などの色でも対応しています。

印刷できない内容

弊社の印刷方式ですと、フルカラーの印刷、写真、グラデーションを印刷といった対応が不可となります。

黒で社名を、赤でロゴをといった印刷は可能です、
ご家庭のプリンターでの出力とは異なり
1色印刷するごとに印刷用の版(型)、印刷代(1色につき1回の印刷工程が必要となるため)
印刷色が増えるごとに金額も上がります。