ウェディング用のウェルカムボード、
お店、オフィスで使用する価格表、表札、看板、案内板、名札、表札や記念プレートなど、
アクリル板、塩ビ板に一点物から、 何枚も必要な場合までオリジナルプレートを印刷いたします。

※アクリル板以外にも、プラスチック製品、塩ビ板、色付きの板に印刷なども承っております。
対応できない場合もございますが、ホームページ内に記載のない内容のものでも印刷できるかどうか お問い合わせください。

このマークがある写真・画像にはリンクがございます。
写真や、文字サイズなど詳細を記載したページに進みます。

アクリル板の印刷に関して

アクリルでウェルカムボード、ウェディングボードの印刷

ウェルカムボード、 ウェディングボード

READ MORE


ウェディングボード、結婚証明書といった記念プレートなどの一点物
結婚式用のメニュー表等として 透明な板に白1色などで 印刷承ります。

特殊な加工をするほど予算は立てられないのだけれど、
安っぽくもしたくないといった場合にも。

すこし細かい文字や、 スクリプト書体が入った文字
イラストを透けないように白で印刷したいなど 印刷承ります。
法人、個人のお客様問わず1枚から印刷承ります。

アクリル板に文字の印刷

オフィス、作業場、自治会などで使用するような文字板に

READ MORE


ピクトサインや事務室やオフィス用に案内板を作りたい。
数字や矢印を入れたようなプレートを作りたい。

比較的小さな文字 印刷可能でございます。
1点から対応いたします。
同じ内容のものが複数枚必要な時は特にお勧めです。

白や透明のアクリル板等、
様々な用途で使用できるアクリル板の印刷印刷いたします。

アクリル板で招待状の印刷

結婚式用の招待状、メニュー表として印刷いたします。

READ MORE


ウェディングアイテムとして、招待状やメニュー表などとして印刷いたします。

招待状、案内板

招待状、案内板

READ MORE


企業様のレセプションパーティ、展示会などのインビテーションとして
アクリル板や塩ビ板に印刷いたします。


アクリル板に表札の印刷

表札

READ MORE


透明、白などのアクリル板に、印刷いたします。
ご自宅用、会社用の表札としてなど 1枚から対応しております。

透明アクリル板であれば、印刷内容を反転し
アクリル板の裏から印刷ということも可能です。
アクリル板の向こう側にデザインがあることになりますので、
設置場所によっては雨風が当たらず、印刷部の劣化を遅らせることも可能です。

すでにアクリル板が手元にあるという場合には、板を弊社にお送りいただき
印刷のみの対応も承っております。

弊社の印刷方式の特徴


アクリル板の表面に直接インクを刷り込みます。 
屋外看板としても使用する対候性の良いインクで印刷いたします、 雨などが印刷部にあたっても簡単には劣化はしません。
※設置場所によって経年劣化は発生いたします。

印刷であれば、カッティングシートで作成しきれない小さい文字、細い線も印刷することができます。
※印刷の場合、文字数によって金額が変動することはありません。

型(版)を作成し印刷していく弊社の印刷方式ですと同じ内容を複数枚作りたいといった場合もとてもオススメです。

金額に関して

アクリル板の

・サイズ、
・厚み、
・アクリル板に加工が必要かどうか(穴あけなど)
・印刷範囲(サイズ)、
・枚数、
・色数、
・複数枚を印刷の場合、同じ内容を印刷、もしくは1枚1枚すべて違う内容を印刷。 

など印刷内容により金額が変わるため、ホームページ上に料金は載せておりません
お手数おかけしてしまうのですが、印刷内容をお問い合わせ時に拝見し、その都度お見積りさせていただいております。 
仮データや写真などどのような内容か拝見できれば、より正確に回答が可能でございます。

-お問い合わせのページ

アクリル板のご用意について

アクリル板は支給いただいたものに印刷することも、弊社でご用意することも可能です。  
ご希望の内容(厚みや、色、加工内容、枚数) によっては支給をお願いする場合もございます。
特に、細かな指定がある場合(色、加工等)はご用意していただいたほうが、スムーズにやり取りが進みやすいです。

弊社に送付いただければ、印刷後返送という形で納品いたします。
※支給品への加工(弊社で穴あけ、側面を磨くなど)は対応しておりません。
※印刷面が平ら(フラット)な状態のプレートのみに印刷が可能です。
印刷面全体に突起物、四方に枠などが設置されている場合は印刷設定ができず、印刷が不可となります。
そのような加工を行う場合、印刷後の加工をお勧めいたします。
※四方に枠がついている場合など、取り外し可能であれば、印刷面を平らにできますので印刷可能です。
プレートに穴が開いている場合は出っ張っているわけではないため印刷が可能です。
穴の上に印刷が及ぶ場合穴にインクが入り込んだり、穴周辺がにじみ気味になる場合がございます。



アクリル板の 印刷面以外(裏) に付属品など加工がされている場合は、
印刷面がフラットな状態であれば印刷可能な場合がほとんどですが、
実際にアクリル板が弊社に届いてから、これだと印刷できないということを避けるため、
お問い合わせの際に 印刷予定のアクリル板の写真などを送っていただければ、弊社で確認可能なのでトラブル回避にもつながります。

アクリル板を弊社でご用意する場合で、お問い合わせ時にお伝えいただきたいこと

・アクリル板のサイズ
例 白アクリル板 200×100mm
・厚み
例 2mm厚 ←厚みの記載お願い致します。
・アクリル板加工内容
例 四方(計4か所) 10×10mmの部分に直径5mmの穴 
例 四方に3mmの角丸加工
※ご希望の加工 穴あけ位置やサイズなど が対応不可の場合、近似値でご提案させていただきます。

手書き、データでサイズや加工の位置などご教示いただいても判断可能です。

弊社でご用意する場合の透明アクリル板の側面は、カットしたままの仕上がりとなりますので、
擦りガラスのような雰囲気になっております。

側面も表面と同じような見栄えの透き通った透明、つるつるにしたいという場合、別途側面の磨き加工代がかかります。
お問い合わせ時に側面も磨き加工希望とご指定いただけますと幸いです。
ご要望がなければ磨き加工なしでのお渡しとなります。

3mm厚以上などと厚みがある場合に特におすすめです。

デザインデータについて

基本的にはアドビイラストレーター(.ai)と互換性のあるデータ(.ai .epsなど)支給していただいております。
いただいたデータを使用し印刷いたします。

イラストレーターといったデザイン専用ソフトお持ちでなくとも、エクセル、ワード、パワーポイントといったソフトでデータ作成いただいた場合も、
PDFとして保存いただければ、 そのまま印刷用データとして使用可能な場合がございますので 下記ご覧いただければ幸いです。 
文字サイズ10pt、線の太さ0.25mmを下回る場合はカスレ、潰れが発生いたします。

弊社でイラストなどをゼロから作成ということは承っておりません。
文字や数字だけの場合など、難易度の高くない場合は 弊社でも作成可能です。

原稿、もしくはこのような感じでといったような 写真を添付していただき 弊社で可能な場合は作成いたします。
お問い合わせ、見積もり段階で、データ、 スクリーンショット、大体のイメージ図等
内容のイメージできるものを添付していただければ、より確実です。

アドビイラストレーター(.ai)と互換性のあるデータ(拡張子 .ai .eps)であれば、いただいたデータそのまま印刷に使用いたします。

デザイン専用のソフトがなくとも、ワードやエクセル、パワーポイント、CADといったデータをPDFとして保存いただき入稿いただければ印刷用データとして使用できる場合がほとんどです。
PDF拝見してから印刷用データとして互換性があるかどうかの判断となりますが、使用できる場合お客様作成のデータのまま印刷が可能でございます。
.jpeg .png.gifといった拡張子部分を.pdfに変えたデータは、印刷用データとしては使用不可となります。

文字や数字、線を引くといったレイアウトの作成であれば弊社でも可能でございます。
印刷位置等、どのようなレイアウトか見本写真等添付いただければ文言等ご教示いただき作成いたします。
内容によっては弊社でレイアウト作成不可の場合ございます。

データに関してさらに詳しく記載がございます。こちらのページをご覧ください

-ご利用ガイド/デザインデータに関して

納期について

板が届く前に弊社にデータが入稿されてる状態であれば、
版(印刷用の型)の用意をしておきますので アクリル板が届き次第印刷いたします。
基本的にはデザインが入稿済みで、アクリルが弊社に届いてから300枚くらいまでで1週間ほど見ていただければ確実ですが、
お急ぎの場合でいつまでに欲しいなどありましたら お伝えいただければ4-5日の納期などでもできる限り対応いたします。
※枚数、ご依頼時のタイミングにより変わります。

印刷後しっかりと乾燥をさせないと インキと梱包材などがくっついてしまうなどのことが起きます。

デザイン入稿、板到着等、順調に進めば急ぎの対応ができるのですが、
印刷内容、デザインについで確認が必要になったなど、連絡が多くなった場合、
恐れ入りますがお時間いただくことになります。

ご注文後10-14営業日ほど見ていただければ幸いです。
ただ、枚数が少ない場合など印刷内容によっては1週間かからない場合(最短で3日など)、
印刷内容、枚数を拝見してからその都度お伝えしております。

枚数が多い場合は、上記より日にちを多く見ていただく必要がございます。

急ぎの場合などもあきらめずひとまずお問い合わせいただければ幸いです。
※間に合わせられない場合は申し訳ございません。
※内容を拝見していない状態でのお電話口での判断は難しい場合がございますので印刷内容や加工等を
添付やメールに記載いただければ幸いです。

印刷対応できない内容

フルカラー、風景の写真を印刷したい、 スマホで撮影した写真をアクリル板に印刷したい、
フルカラーといった印刷は弊社の印刷方式上、対応不可となります。
UV印刷も対応しておりません

た、印刷のインクの厚みに指定があるような精査な精度が求められる場合、(医療品用、自動車用、部品用、精密機械用)など、
弊社では対応しきれず、内容拝見次第、辞退させていただく場合がございます。
そのままご依頼いただいてもご期待の精度に達しない仕上がりでの納品になる場合がございます。

-ご利用ガイド(弊社で印刷対応できるもの、できないもの)

塩ビ板にも印刷承ります。

塩ビ板のご用意について

アクリル板同様に板ご用意可能です。 板の加工もアクリル板同様可能です。
※加工内容によっては対応できない場合がございます。
その際はご連絡いたします。

※アクリル、塩ビ板の 違いについて

成分などの違いはもちろんですが、 アクリルの方が割れやすいです。
(固いため折り曲げ不可)
塩ビ板にくらべ透明度も高いです。

塩ビ板も90度に曲げるともちろん割れてしまいますが、 アクリル板に比べますと少ししなやかです。
小学生の頃に下敷きをうちわ代わりにしたことがあると思いますが ぐわんぐわんとしなやかに多少曲がったかと思います。
塩ビ板はあのようなイメージです。厚みが増すごとに曲がりにくくなります。
表札、ウェルカムプレートなどにはアクリル板の使用が多いです。

不透明塩ビ板は透けないため、両面で印刷を行う場合に塩ビ板でのご依頼が多いです。
不透明アクリル板はやや透けてしまいます。(5mm厚など厚みがある場合は透けにくいです。) 

透明度は透明アクリル板のほうが高く 透明塩ビ板はやや青みが買っています。

アクリル板の側面は表面同様につるつるに磨くことが可能です。
※塩ビ板は不可です。
                                     
透明アクリル板の場合で3mm以上厚みがある場合、磨き加工を行うと表面同様に透き通って見えるため
より高級感、クリスタルの雰囲気がでます。

関連リンク

※画像をクリックするとリンク先に進みます。

  • プレートに印刷

    アクリル板以外にも様々なプレートにも印刷いたします。

  • 表札の印刷関して

    アクリル板、黒板などにも印刷承っております。

ページトップスクロール

アクリル板の印刷について

シルクスクリーン印刷 有限会社大石孔版 /静岡県三島市
SILKSCREEN PRINTING OISHI KOHAN Co,.ltd
@OISHI-KOHAN All Right Reserved.