このマークがある写真・画像にはリンクがございます。
写真や、文字サイズなど詳細を記載したページに進みます。

透明アクリル板への印刷

透明な板に白で印刷してウェルカムボード、ウェディングボード作成
写真/透明のアクリル板(360mm×237mm)に表から白で印刷

写真は透明のアクリル板に 直接白インキで印刷したものです。

透明なプレートの表面に 直接印刷することができます。 
その上に保護シートなどで印刷部分を覆わなくともインクが剥がれたりもしません。 

シルク印刷のインクの質感と シンプルなデザインは フォーマルで高級な印象を与えてくれます。 
ウェルカムボードや 結婚式のウェディングボートとしての活用や、 表札など 活躍する場所は多いと思います。

デザインによっては一度限りの使用に限らず、  部屋にインテリアとして飾っておいたりと   長くお使いになることもできると思います。 

透明なアクリル板に印刷してウェディングボードの作成
写真/至近距離からの撮影 写真のフォントの大きさスクリプト体34pt
写真/拡大写真
透明なアクリル板に白で印刷してウェディングボードの作成
写真/360×238mm3mm厚の透明のアクリル板に白で印刷
写真/側面を磨いています

ウェディングボードなど1点物の透明アクリル板の場合、
アクリルの側面を表面同様に透き通らせた方がよりクリスタルな雰囲気が出て高級感が増します。 ご希望の場合はお問い合わせ時にアクリル板の側面磨きありとしていただければ透明な状態のものを納品いたします。

磨きなしの場合でもおかしいということはございません。
側面はすりガラスの用な曇った雰囲気となっています。

透明なアクリルプレート板に白でウェルカムボード印刷
写真/透明のアクリル板(400mm×280mm)に表から白で印刷
写真/透明のアクリル板(400mm×280mm)に表から白で印刷
アクリル板に文字やイラストを印刷
写真/白いインキで透明のアクリル板(H360mm×W375mm 厚さ3mm)に表から印刷  印刷範囲 H170mm×W275mm
透明な板に白でプリント
写真/横から撮影した印刷面

A2(420×594mm)などの大きさにも印刷いたします。

A2アクリル板でウェルカムボード作成
写真/A2透明アクリル板でウェルカムボード作成

A2サイズなどにも印刷いたします。
穴を上部にあけて鶴下げたりということもよろしいかと思います。

透明アクリル板の場合、裏からも印刷可能です。

透明アクリル板でウェディングボード作成
写真/表から印刷
透明アクリル板でウェルカムボード作成
写真/表から印刷

透明アクリル板であれば裏からも同じようにみえます。

厚みのあるアクリル板にも印刷が可能です。

厚みのあるアクリル板に文字やイラストを印刷

READ MORE


厚みのある(5、8、10、13、15、20mm厚)アクリル板にも印刷が可能です。
側面を表面同様に透き通るようにすることも可能です。

透明なアクリル板にはデザインを反転して裏から印刷も可能です。


透明なプレートの場合、 デザインを反転して 裏から印刷すれば、 表から見たときに正式なデザインで表示されます。

裏から印刷した場合の良い点は、 屋外など、設置の環境によっては 雨が直接印刷箇所にあたりませんので、 
耐久性が表に印刷したよりも長くなります。  アクリル板の厚みを通して見ることになるので、  表から印刷した場合と 多少仕上がりの色の見え方が変わります。 
表から印刷したものは、 インキの質感が直にわかりますので、 白が目立ちやすくとても良い仕上がりになります。

部屋など屋内に設置する予定の場合、表刷りで充分な耐久性があります。 
表面に印刷したからといって雨などが 当たったくらいではインクは剥がれません。  このページの写真は表面に印刷しています。

※透明の塩ビ板の場合裏刷りを行うと、塩ビ板の特性から青みがかってしまいますので 裏刷りは承っておりません。

黒のアクリル板にも印刷可能です。

アクリル板でウェディングボードの作成
写真/黒のアクリル板(210mm×297mm)に白で印刷
黒アクリル板でウェディングボードの作成
写真/黒のアクリル板(210mm×297mm)に白で印刷

細かく小さい文字も対応できます。
ただしあまりにも小さい文字や線の太さでは文字に潰れ、線にカスレが発生してしまう場合がございます。
10ptほどまでの文字サイズを目安にしていただくと幸いです。
特にスクリプト体(筆記体)や明朝体は 文字内に細い部分が多く含まれています。
フォントを小さく設定しすぎると その細い部分が印刷されない、 かすれるといったことが起きます。

まずデザインデータを確認し、この部分の文字をもう少し大きくお願いできないでしょうか? などお伝えすることもできます。

名前部分(oliverとVivien)は直筆で紙に書いた文字をそのままの雰囲気で印刷しています
一度データ化すればアクリル板など様々な素材に印刷が可能となります。   名前部分だけ直筆で書いて署名のようにしたいということも可能です。

印刷色は黒で行うことも、もちろん可能です。

※写真は招待状として印刷した場合のものになります。


結婚式の招待状、メニュー表などとして印刷いたします。
白1色や黒1色での印刷がおすすめです。

印刷代金について

印刷範囲、枚数、難易度等によって金額が変わりますので、 それらの情報を教えていただければ見積もりをお出しします。

デザインデータまたはスクリーンショット、写真等も添付していただければより正確に金額出すことができます。
お支払いは前払いとなりますので、 ご入金確認後、印刷作業開始とさせていただきます。

アクリル板の用意について

ホームセンター等で見つけていただいたお気に入りのサイズや厚みのプレートを弊社に
送っていただければ印刷し、お返しいたします。

プレートは印刷面平らな物のみ可能です。
四方に枠や出っ張り等がある場合は印刷不可となります。
取り外せる枠などの場合、 枠は外していただいてお送り頂ければ印刷が可能です。

四方に穴が開いている場合は、インクが穴に当たると滲みますので
穴を避けて印刷することになります。

支給いただいた板への弊社での穴あけなどの加工は対応しておりません。
板と板をくっつけたりなど加工が必要な場合、 印刷完了後の加工をお勧めいたします。

裏面などに加工がされている場合は、
印刷面がフラットな状態であれば印刷可能な場合がほとんどですが、
実際にアクリル板が弊社に届いてから、 これだと印刷できないということを避けるためお問い合わせの際に
印刷予定のアクリル板の写真などを送っていただければトラブル回避にもつながります。

・アクリル板のサイズ(A3,A4等サイズはもちろんミリ単位で指定が可能です 。)
・厚み(1mm厚から、1.5mm、2mm、3mm、4mmの順にご用意可能です。)
・側面磨き加工ありなし(ありの場合は下部写真のように表面と同様の透き通った質感になります。)、
・穴あけ加工(穴の位置、穴のサイズ)、角丸加工(角を丸める 2mm-から可能です。)

等寸法、加工に関してご指定いただければ弊社でご用意いたします。
※不可能な加工もございますので、お問い合わせいただいた際にメール等でお答えいたします。
※ご用意、加工不可の場合、近似値等でご提案させていただく場合もございます。

お電話口で金額はお伝えしておりませんので、お問い合わせのページよりお問い合わせいただき金額計算後お知らせいたします。

磨き加工ご希望いただいた場合は下記写真のようにアクリル板の側面を表面同様透き通るように 加工いたします。
※磨き加工費がかかります。
厚みがあるアクリル板の場合にクリスタル調となり高級感が出ますのでおすすめです。
1-2mm厚では磨きなくとも使用に違和感はないと判断しております。

デザインについて

基本的にはデータを支給いただいております。
入稿いただいたデータをそのまま使用し印刷いたします。

入稿していただいたデータをそのまま印刷いたします。
※印刷用に多少調整させていただく場合もございます。
弊社で対応している アドビイラストレーター CS5 WIN版 と
互換性のあるデータをメールなどでお送りください。

データのほかに確認用として JPG、PDFも一緒に添付していただけると、文字化け等が確認でき、より確実です。 

イラストレーターといったデザイン用の専門ソフトがなくとも、エクセル、ワードといったソフトで作成いただいたデータも
書体、文字位置とうお客様が作成されたデータのまま印刷に使用ができます。
※データの作成、保存のされ方によってはそのままでは使用できない場合がございます。

↓データ入稿に関してより詳しい記載がございます。

‐ご利用ガイド(デザインデータ入稿に関して)

印刷可能なフォントサイズに関して


細かい文字まで印刷できるのが特徴の一つですが、
10ptくらいを目安にしていただき、それよりも小さい文字や セリフ、 スクリプト書体(筆記体)の細い線から成り立っているフォントなどは  
極端に細い部分はとそちらも印刷がかすれてしまったり、
印刷されないといったことがあります。 

印刷に関しては弊社にお任せいただいております。

なるべくインキが濃く見えるように印刷しており、 場合によっては2回刷りいたします。
べた部と細かい文字など両方ある場合は、 2回印刷すると滲む可能性や、文字が太くなりすぎてしまう場合がございます。 
逆に1回だけの印刷だと、 濃く見せたい部分が薄いといったことも起きます。

ホームページ内の画像等で大体の目安を把握していただければ幸いです。

どのくらいの細さまで大丈夫なのか目安がわからないといった場合もあるかと思います。
ひとまずデザインデータをお送りいただければ、弊社にて印刷できるかどうか確認し、
「もう少しフォントを大きめでお願いいたします。」「線を太くお願いいたします。」 などお伝えすることができます。

また、入稿いただいたデータで、
ちょっとこの部分の線が 細く若干かすれてしまうかもしれないという部分などに弊社で気づいた場合や、
この枠線は印刷用の線なのかガイド線なのか判断に迷った場合など、
たとえそれらが意図的なものであった場合でも 納品後のトラブル回避のため お手数おかけいたしますが、
確認のご連絡をさせていただく場合がございます。


パソコン等でデータ作成されない場合や 
文字のみの印刷などで、指定フォント等ない場合弊社で文字データ作成することもできます。
※明朝で!ゴシックで!ほどの指定は対応いたします。

難易度によっては弊社では対応できない場合もございますので、
原稿を拝見してから可、不可のお答えをさせていただいております。

手書きで書かれた原稿をそのままの形で使用し印刷することもできます。
半紙等に筆で書かれた文字や黒マジック等で書かれた筆圧の強い濃い文字であれば
完全とまではいきませんが、比較的近い精度で印刷いたします。

こちらの場合も原稿のサイズ、文字の濃さ等で対応の可、不可が変わりますので
原稿を拝見してからの対応可能かどうか判断させていただいております。

大きく書いた文字を一回り小さくして印刷してほしいといったことも可能です。

↓データ入稿に関してより詳しい記載がございます。

‐ご利用ガイド(デザインデータ入稿に関して)

紙に書いた寄せ書きやイラストをそのまま、 アクリルに印刷可能です。


基本的にはデザインデータを支給いただき、そちらのデータをそのまま印刷行っているのですが、
紙に書いた手書きの原稿、デザインを印刷したいという場合もあるかと思います。
一度データに抽出すれば、手書きの雰囲気をを保ったままアクリルに印刷することもできますので、
寄せ書きを記念プレートとして、自分のデザインで作成したいという場合など 是非お問い合わせください。

手書きの雰囲気を残すことができます。
たとえば色紙に黒で書いた文字でも、 アクリル板に白色で印刷することが可能です。
原稿を拝見し、原稿の状態によって印刷の精度は左右されます。
色が薄いペンなど使用されている原稿よりも、濃い色や強い筆圧で書かれたものの方が 原稿により近い仕上がりになります。

薄いペン等で作成された原稿の場合は、データの変換の際、 粗い仕上りになる恐れがあります。
(文字の線がゆがんでしまったりといったことが起きます。)

繊細なイラストなど、 細い線や細かい点は再現できない場合があります。

原稿、イラスト等内容を拝見し 対応が可能か不可か判断させていただいております。
印刷前にどのくらいの精度でデータに変換できたかお客様にご確認いただいてから 印刷へと進めていきます。


↓より詳しい記載がございます。

-手書きの原稿から印刷データ作成について

急ぎの対応も承ります。


材料の届く日にち、 デザインがあらかじめ入稿されているなどの条件が 上手くそろえば、
かなり早くお手元に印刷したものをお返しできます。

さすがにこの納期だと難しいかな? という場合でもひとまず お問合せいただければと思います。

1枚今週の日曜日に使いたいんだけど、 間に合うかどうか?ということでしたら、
ひとまず印刷内容、板をご支給いただけるかどうか等ご連絡いただき 間に合わせられるかどうかお答えいたします。

材料(アクリル板)ご支給いただける場合でも、弊社で用意する場合でも、材料到着次第印刷し、乾燥、そして発送となります。
日曜日には使用したい場合 (アクリル板白1色刷り一枚の場合)
金曜午前材料到着→印刷→乾燥→当日夕方発送→土曜日到着が最短と想定しております。

印刷範囲、枚数、色数、その時の状況によってこの急ぎ対応ができない場合があります。
お問い合わせ時に 印刷範囲、印刷枚数、印刷色などわかる情報をできる限り詳しくお伝えください。

データを確認し、 内容によっては急ぎ対応ができないということもありますのでご了承ください。
このページを見てもいまいちわからないという場合はひとまずお問い合わせください。

加工品のようなビスが出っ張っている箇所があったりすると 板を固定できず、
印刷設定ができないので、 印刷対応できないことがあります。

アクリルは加工する前の状態で送ってください。 
※印刷面平らなアクリル板のみ印刷可能です。

関連リンク

※写真をクリックすると詳細ページに進みます。
  • 塩ビ板でウェディングボードの作成

    塩ビ板にも印刷できます。

    大きいサイズの場合アクリル板は固く割れるのが心配という場合
    塩ビ板などの板にも印刷可能です。

  • 黒板でウェルカムボード

    黒板にウェルカムボードの印刷

    黒板での作成もご検討いかがでしょうか?

  • 木にウェルカムボードの印刷

    木材に印刷することも可能です

招待状などそのほかのウェディングアイテムに関してはこちらをご覧ください

ページトップスクロール

アクリル板にウェディング用、ウェルカムボードなどの印刷 について

シルクスクリーン印刷 有限会社大石孔版 /静岡県三島市
SILKSCREEN PRINTING OISHI KOHAN Co,.ltd
@OISHI-KOHAN All Right Reserved.